このページの本文へ

LINEを便利にする裏技とTIPS集めました第66回

入力はスマホカメラからのレシート撮影でOK

「LINE家計簿」でスマホ片手に家計を管理!

2018年12月01日 10時00分更新

文● 高橋暁子 編集●アスキー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「LINEをもっと楽に使う方法はないのかな?」「今さら友だちには聞けないけれど、使い方がわからない機能がある」――そんなアナタに週2回、LINEの裏技とTIPSをやさしく伝授。講師は、SNSの最新情報と若者動向を追い続けるITジャーナリスト 高橋暁子さんです。〈連載目次〉〈LINEの基本的な使い方を知りたい人はこちら

Q:お金がなかなか貯まりません……
A:「LINE家計簿」を活用しては?

 LINEで家計簿が付けられるようになったことをご存知だろうか。便利な「LINE家計簿」についてご紹介したい。

 「LINE家計簿」は、LINEアプリから直接使えるほか、「LINE家計簿」アプリをダウンロードしても利用可能だ。なお、アプリ版のみの機能があるため、使いこなしたい場合はアプリ版がおすすめ。LINEから利用し始めても、データをアプリ版に同期できるので、『まずはお試しから……』という人は気軽にLINEから始めてもいいだろう。

 なお、アプリ版のみの機能は、「今日使えるお金」上限の自動計算、レシート撮影での収支入力、LINE Payのほか銀行・クレジットカードなどの金融サービスやECサービスとの連携、毎月の貯金サポート、カテゴリー別の今月の残額、1ヵ月単位での定期レポートなどだ。

 LINE家計簿をLINEから利用する場合は、ウォレットタブ→「家計簿」とタップ。認証画面となるので、「同意する」をタップしよう。利用規約やプライバシーポリシーなど、すべてにチェックマークを入れて「すべてに同意してはじめる」をタップすればスタートできる。

 これで自動的に「LINE家計簿」アカウントと友だちになるので、トーク画面からLINE家計簿を開くことができるようになる。

ウォレットタブ→「家計簿」をタップ「同意する」をタップ
すべてにチェックマークを入れて「すべてに同意してはじめる」をタップLINE家計簿アカウントのトーク画面
LINE家計簿ホーム画面

機能満載のLINE家計簿アプリの使い方

 LINE家計簿アプリを利用する場合は、まずアプリをダウンロードして起動しよう。

 初回は、やはり利用規約やプライバシーポリシーなど、すべてにチェックマークを入れて「すべてに同意してはじめる」をタップすればスタートできる。

 LINEアカウントにログインする場合、「LINEログイン」をタップ。「LINEログインせずにはじめる」をタップで、LINEアカウントにログインしない状態で利用も可能だ。続いて認証画面となるので、「同意する」をタップ。すでにLINEから「LINE家計簿」を利用していた場合は、継続する家計簿を選択する画面となるので、データを残したいほうを選ぼう。

すべてにチェックマークを入れて「すべてに同意してはじめる」をタップ「LINEログイン」をタップ
「同意する」をタップデータを残したいほうを選ぼう
「LINE家計簿」アプリホーム画面
LINE家計簿イメージ画面
「収入と支出」画面。上部でカレンダー、入出金、カテゴリー、レポートを切り替えよう「貯金」画面
「財産」画面「入力」画面。手入力も可能
上部「レシート」マークをタップすることでカメラへのアクセスを求める画面となるので、「OK」をタップすると、レシート撮影で入力できるようになる「設定」画面
家計簿の集計期間を決めようカテゴリーはカスタマイズ可能
「セキュリティ」から「パスコードロック」をオンにしておくと安心だ

 今後は、家族や恋人などのLINE上の友だちと貯金や収支、資産共有ができるグループ機能も予定しているという。結婚前に2人で金額を決めて貯金したり、家族で収支・資産管理をしたりする際に使えそうだ。

■関連サイト

著者紹介:高橋暁子

 ITジャーナリスト。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、監修、講演などを 手がける。SNSや情報リテラシー教育に詳しい。『ソーシャルメディア中毒』(幻冬舎)、『Twitter広告運用ガイド』(翔泳社)、『できるゼロからはじめるLINE超入門』(インプレス)など著作多数。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などメディア出演も多い。公式サイトはhttp://akiakatsuki.com/、Twitterアカウントは@akiakatsuki

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン