このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

業界人の《ことば》から第313回

教育をしなければ格差が生まれ、テクノロジーを使えない女性が増える

2018年10月10日 09時00分更新

文● 大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

教育は貧困と極端な思考をなくす

 ユスフザイさんがテクノロジーイベントに参加するのは、今回のVMworld 2018が、生まれて初めてだったという。

 一方のVMwareにとっても、VMworldの基調講演にこうした形でテクノロジー関係者以外の人物が登壇するのは初めてのこと。1998年に設立したVMwareは、今年ちょうど20周年の節目を迎えており、VMworldも今年で15回目の開催を迎える節目だ。その節目にあわせた特別な試みだったといっていいだろう。

 ユスフザイさんは「テクノロジーの世界は、あまりにも三文字略語が多い」と指摘。対してプーネンCOOは「わからない三文字略語が出てきたら『vMotionは最高だ』と返せばいい」などとジョークを交えて返答。会場内には大きな笑いが起こった。

 ユスフザイさんは、1億3000万人の女の子がなんらかの制約を受けて、学校に行けない状況にあることに触れながら「これを解決することは、彼女たちを助けることだけでなく、社会に貢献することにつながる。教育は貧困をなくし、健康を取り戻し、極端な思考をなくすことにつながる。教育が平等の基礎になる」と語る。

 そして「教育をしなければ自ずと格差が生まれる。教育をしないということは、次世代のテクノロジーを使うことができない女性が増えることにもつながる。大切なのは、教育によって新たな世代が、新たなツールを利用できるための準備をしなくてはならないということ。テクノロジーを使って、すべての女性が情報にアクセスできるようになること、女性が必要なときに、必要な人に連絡が取れるようにするための支援が必要である」と語り、「教育を受けた女性たちが、新たなテクノロジーを使い、社会の発展や人類の発展に貢献してもらいたい」と期待を述べた。

 基調講演の会場には、ラスベガスの地元高校から約100人の高校生が参加した。高校生からの公開質問を受けたユスフザイさんは「大切なのは自分たちの言葉の力を信じることである。いまは、テクノロジーを使って多くのものにアクセスできる。そうした環境にいることはとても恵まれている。テクノロジーをもっと活用してほしい」と呼びかけたほか、「変化を起こすのに、大人になるのを待つ必要はない。社会の批判やステレオタイプなイメージに負けずに、大きな変化に向けて、いまから声をあげてほしい」などと語った。

 この場では、VMwareの親会社であるデル・テクノロジーズが、ラスベガスの高校にコンピューターを寄贈し、学生がテクノロジーにアクセスできる環境の実現を支援することも発表された。

 テクノロジーの進化は目覚ましいが、そのテクノロジーを使うことができない環境にする人がまだまだ多いことも認識しなくてはならない。そして、それが格差を生む温床になる可能性もある。テクノロジーを使う環境を整備するためには、まずは教育環境を整える必要がある。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ