このページの本文へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第499回

300DPIになった新型サーマルプリンター「PAPERANG-P2」を先行試用

2018年09月19日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授、編集●南田/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

付箋を印刷して手帳に貼り付け
情報のハードコピーは安心感アリ

 続いて、PAPERANG-P2の使途としては比較的多いと想定される付箋機能を使ってみた。本来なら付箋専用の感熱紙を使うところだが、あいにく今回は手元に普通紙と背面剥離紙付きのシール紙しかなかったので、それらを使ってやってみた。

付箋は手書きで入力できる。画面をいっぱい使って描きやすい大きな文字を描けば、自動的に縮小され上段に並んでくれる

付箋は手書きで入力できる。画面をいっぱい使って描きやすい大きな文字を描けば、自動的に縮小され上段に並んでくれる

もちろん手書きだけではなく、仮想キーボードを表示してのタイピングも可能だ

もちろん手書きだけではなく、仮想キーボードを表示してのタイピングも可能だ

 付箋の良いところは、アプリの中でいくつかのサンプルから選んだデザイン付箋イメージのスクリーンに、大きな文字を指先で液晶画面に描くことで、即縮小サイズイメージで手書き入力ができることだ。もちろん、キーボードによるテキスト入力もミックスできる。印刷出力はメモに貼ったりすることで便利にタイムリーに活用できるだろう。

印刷した付箋。手帳などに挟んでおいていつでも取り出して即座に見られる

印刷した付箋。手帳などに挟んでおいていつでも取り出して即座に見られる

 筆者は、出張で利用する交通機関やホテル情報などを、スケジュールアプリの画面から必要部分だけをキャプチャし、その画像データの共有先としてPAPERANGアプリを選び、印刷して手帳のページに貼り付けている。

スケジュール帳に記入済みのデータなら画面キャプチャして印刷できる

スケジュール帳に記入済みのデータなら画面キャプチャして印刷できる

さきほどキャプチャした画像をPAPERANGと共有設定を行う

さきほどキャプチャした画像をPAPERANGと共有設定を行う

シール紙に印刷出力する

シール紙に印刷出力する

背面剥離紙付きのシール紙は真ん中で切れているので、裏紙が剥がしやすい

背面剥離紙付きのシール紙は真ん中で切れているので、裏紙が剥がしやすい

背面剥離紙を剥がした感熱紙だけを、つねに携帯してる手帳などに貼る

背面剥離紙を剥がした感熱紙だけを、つねに携帯してる手帳などに貼る

 物理的に印刷することなく、すべてソフトで管理するのが「平成のクラウド的発想」なのかもしれないが、昭和的な筆者は、まだまだ紙やメモの価値を信頼しているタイプなのだ。なので、ハードコピーもまだまだ便利にクイックに使っている。

 さて、次はフレンドリーでカジュアルなPAPERANGにしては、チョット場違いな感じもあるOCR機能だ。スマホのカメラで読み取った文字情報をテキスト化して保存や印刷をしてくれるアプリだ。実際にPAPERANG-P2の取説の日本語ページをカメラでキャプチャしてOCR操作を行ってみたが、印刷文字の認識率は平均以上だと感じたので使い方次第だろう。

OCR機能も試してみた。まずは取説の一部分をスマホのカメラで撮影

OCR機能も試してみた。まずは取説の一部分をスマホのカメラで撮影

2階調のモノクロ画面をPAPERANGアプリがスキャン中

2階調のモノクロ画面をPAPERANGアプリがスキャン中

スキャンして日本語OCRで文字認識した結果。かなりの認識率だ

スキャンして日本語OCRで文字認識した結果。かなりの認識率だ

 付箋に続いて利用度の高いアプリは、TODOリストではないだろうか。TODOリストの入力は手書きがサポートされておらず、キー入力オンリーだ。マルチ行入力もあり、けっこう複雑なTODOも記述可能だ。一般的には付箋かシール紙に印字してディスプレーのフレームや手帳、IDカードなどに貼り付けておくのが一般的だろう。

TODOリストはキーボードによるタイプ入力だけがサポートされている。「DOTO」がどうにも気になるが、「DOが先」というのも、あながち間違いではないかも……

TODOリストはキーボードによるタイプ入力だけがサポートされている。「DOTO」がどうにも気になるが、「DOが先」というのも、あながち間違いではないかも……

筆者はTODOリストも、ソフトコピーよりもこれ見よがしなハードコピーが好きだ。もちろん、我が家のCEOのリクエストの「牛乳パック」は死んでも忘れないよう、常時ポケットに入っている愛用の「Rocket Book」の裏側に貼っておこう

筆者はTODOリストも、ソフトコピーよりもこれ見よがしなハードコピーが好きだ。もちろん、我が家のCEOのリクエストの「牛乳パック」は死んでも忘れないよう、常時ポケットに入っている愛用の「Rocket Book」の裏側に貼っておこう

 次は、かなり気合が入ったテンプレートが数多く提供されている名刺印刷機能だが、名刺上の記載項目に応じて、さまざまな属性データをアプリ上で入力することが必要だ。筆者の選んだサンプルは、ロゴやQRコードも入力するタイプの名刺だった。

日本国内でのサポートが気になる名刺印刷機能。名刺のテンプレートは高品質なので、ぜひ日本でも専用紙の発売も含めてサポートしてほしい

日本国内でのサポートが気になる名刺印刷機能。名刺のテンプレートは高品質なので、ぜひ日本でも専用紙の発売も含めてサポートしてほしい

印刷イメージはこのような感じ。どうもURLの長さ制限があるようで、画面のURLが切れているように感じる

印刷イメージはこのような感じ。どうもURLの長さ制限があるようで、画面のURLが切れているように感じる

 すべての入力が終わり、実際にPAPERANG-P2から印刷されてきたのは、ふつうに使えそうな名刺イメージだった。残念ながら用紙だけは薄すぎて、一般的な名刺のイメージからはほど遠い。名刺専用紙のサプライがあるのか、あくまでシールイメージの名刺イメージなのか、興味のあるところだ。筆者は、名刺の代わりとしてドキュメントフォルダーなどに貼るシールとして利用している。

実際の印刷結果も、画面表示と同じようにURLの末尾が切れていたようだ。取説上にでも文字制限のガイドが必要だろう

実際の印刷結果も、画面表示と同じようにURLの末尾が切れていたようだ。取説上にでも文字制限のガイドが必要だろう

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン