このページの本文へ

かんたん! スマホデータ移行・バックアップ第12回

【05】iCloudを使おう

2018年07月20日 07時00分更新

文● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 機種変更前にiPhoneに保存したデータをiCloudにも保存しましょう。メールや連絡先、カレンダーやSafariのブックマーク、App Storeで購入したアプリ情報などを写真や動画をiCloudに保存しておくと、機種変更後のデータ移行が楽になるほか、友人や家族とのデータの共有も手軽に行えます。

 iCloudは容量5GBのストレージを無料で利用できます。iCloudのフォトライブラリを使うと、スマートフォンで撮影した写真や動画をパソコンやタブレットでも見ることができます。また、iCloud Driveに保存したファイルも同様にスマートフォン以外の機器からアクセス可能です。

移行可能データ

  連絡帳
電話帳
スケジュール
カレンダー
メモ
画像
動画
音楽 メール ブック
マーク
アプリ
iCloud
※1
iCloud Safari

※1:iOS間のみ移行可能。

iCloud バックアップでデータをバックアップ/復元する

機種変更前にすること

①「設定」をタップし、最上段のApple IDをタップします。②Apple IDを確認します。
③「iCloud」をタップし、移行するデータをリストから選択してそれぞれ同期をオンに設定します。④リストの「iCloudバックアップ」をタップし、「今すぐバックアップを作成」をタップすると、バックアップが作成されます。

iPhone内の画像や動画の容量が大きい場合は
「ドコモデータコピー」でデータを直接移行しよう

 「ドコモデータコピー」アプリを使うと、iPhone内の画像や動画を機種変更後のスマートフォン/iPhoneに直接移行できます。

機種変更前・機種変更後 両方のiPhone

⑤UIMを機種変更後のiPhoneに入れ替えます。機種変更前・機種変更後のiPhoneともiOS 11なら、iPhone同士を近づけると「クイックスタート」が起動し、自動でApple IDにサインインできます。

機種変更後にすること

↑⑤の「クイックスタート」が利用できない場合は、Apple IDとパスワードを入力してサインインします。⑥Wi-Fiに接続後、「Appとデータ」から「iCloudバックアップから復元」をタップします。
⑦機種変更前に作成したバックアップを選択します。⑧iCloudからデータが復元され、自動で再起動します。復元が完了するまでお待ちください。

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン