このページの本文へ

かんたん! スマホデータ移行・バックアップ第16回

【01】新しいスマートフォンへの最適なデータ移行方法は?

2018年07月20日 07時00分更新

文● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 さまざまな新機能を搭載するスマートフォンへの機種変更は楽しいものですが、そのあとの設定がいろいろと面倒です。特に、まちがってデータを消してしまったり、電話帳がうまく移行できなかったりといったトラブルもあります。そこで今回は、機種変更前にひと手間かけておき、スマートフォンを乗り換えても今までどおり使うことができる方法を解説します。

 スマートフォンには電話帳や写真だけでなく、さまざまなデータが保存されています。おもなデータはまとめて移行させることができますが、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)のように、端末内ではなくインターネット上のサーバーにデータが保存されているものもあります。

 スマートフォンのデータはIDやパスワードで保護されています。そのデータを紛失に備えてバックアップしたり、移行しやすいように管理することはユーザー自身の責任となります。ショップではやってもらえないので、機種変更する前にしっかりデータ移行の準備をしておきましょう。

最適なデータ移行方法を選択する

 スマートフォンを機種変更する際、新しいスマートフォンにデータを移行するには、アカウントやクラウド、アプリ、SDカードを利用するなどの方法があります。また、スマートフォンのOSには、AndroidとiOSがあります。移行元、移行先のスマートフォンOSの組み合わせによって最適なデータ移行方法を選択しましょう。

移行可能データ

 移行方法によっては、移行されないデータがあるのでご注意ください。

  連絡帳
電話帳
スケジュール
カレンダー
メモ
画像
動画
音楽 メール ブック
マーク
アプリ
Googleアカウント Gmail Google
Chrome
dアカウント
(ドコモクラウド)
ドコモ
メール
配置のみ
※3
iCloud
※1
iCloud Safari
Move to iOS Gmail Google
Chrome

※4
ドコモデータコピー
(直接データ移行)

※2
ドコモデータコピー
(SDカードで移行)

※2

※1:iOS間のみ移行可能。 ※2:Android間のみ移行可能。 ※3:ホーム画面がdocomo LIVE UXの場合、アプリの配置を引き継ぎ可能。 ※4:Google Playストア、App Storeの両方にあるアプリのみ移行可能。

データの管理・移行は自己責任!

 スマートフォンのデータはIDやパスワードで保護されています。そのデータを紛失に備えてバックアップしたり、移行しやすいように管理することは自分自身の責任で行いましょう。機種変更する前にしっかりデータ移行の準備をしておくことをおすすめします。

データ移行のポイント
●機種変更前にID、パスワードを確認しておく
●SDカードやクラウドを使ってバックアップをとっておく
●バックアップは定期的に行う

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン