このページの本文へ

メルカリお得情報局 スマホで簡単安心フリマ生活第11回

再出品ならもう一度新着に上がるが……

メルカリの出品取りやめは「出品一時停止」と「再出品」どちらがいい?

2018年01月16日 09時00分更新

文● 高橋暁子 編集●村山剛史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「メルカリを使い始めてみたいけれど、フリマアプリってどう使えばいいんだろう……?」そんな悩みに毎週2回お答えするのがこの連載。SNSの最新情報・若者動向を追い続けるITジャーナリストの高橋暁子さんが、規約変更で安心・手軽になったメルカリのTIPSやお得なお知らせをやさしくお伝えします。

大人気フリマアプリのメルカリを楽しく安心して使う方法を毎週2回お届けします

Q:「出品一時停止」と「再出品」どちらがいい?
A:それぞれにメリットがある!

 出品したものの、出品をやめたくなることがある。売ることに迷いが出てきたり、なかなか売れなかったり、同時に出品していたヤフオクのほうで売れてしまったり、出張や旅行などで発送できなさそうなど、様々な理由があるだろう。今回は、出品を途中でとりやめる2つの方法と、それぞれの違いについて解説したい。

 出品を取りやめたいときは、出品物の商品ページを開き、「商品の編集」をタップ。ページの下のほうにある「出品を一旦停止する」または「この商品を削除する」をタップで出品取りやめができる。

 なお「出品を一旦停止する」を選んだ場合は、同様に商品ページを開き、「商品の編集」をタップし、「出品を再開する」をタップで出品再開できる。「この商品を削除する」を選んだ場合は商品ページは消えてしまう。

 複数出品しており、いっぺんに出品を取りやめたい場合は、ホーム左上の三本線をタップしてメニューを開き、「出品した商品」をタップ。続いて右上の「編集」をタップし、「すべて公開停止にする」で複数の出品を一度に公開停止にできる。同様に「すべて公開する」で複数の出品を一度に再度公開できる。

「商品の編集」をタップ「出品を一旦停止する」または「この商品を削除する」をタップで出品取りやめができる
「出品を再開する」をタップで出品再開できるメニューを開き、「出品した商品」をタップ
右上の「編集」をタップし、「すべて公開停止にする」で複数の出品を一度に公開停止にできる

停止だとページは残るが新着には上がらない

 「出品を一旦停止する」と「この商品を削除する」の違いは、出品商品ページが残るか残らないかという点だ。出品を取りやめたいがまた再出品する予定がある場合は、「出品を一旦停止する」のほうが再出品時に便利だ。特に複数の出品物を出品停止にしたい場合は、すべてを登録し直す手間を考えると、一旦停止がいいだろう。

 ただし「出品を再開する」では、検索したときに「新しい順」に並ぶメルカリでは、トップに掲載されることはない。売れづらくなる可能性があるので、仕切り直して売りたい場合は商品説明文などをメモ帳にコピペしておき、現在の商品ページは削除した上で再出品するのがおすすめだ。

■関連サイト

著者紹介:高橋暁子

 ITジャーナリスト。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、監修、講演などを 手がける。SNSや情報リテラシー教育に詳しい。『ソーシャルメディア中毒』(幻冬舎)、『Twitter広告運用ガイド』(翔泳社)、『できるゼロからはじめるLINE超入門』(インプレス)など著作多数。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などメディア出演も多い。公式サイトはhttp://akiakatsuki.com/、Twitterアカウントは@akiakatsuki

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン