このページの本文へ

メルカリお得情報局 スマホで簡単安心フリマ生活 第2回

検索とカテゴリーの基礎知識

メルカリで欲しいものを簡単に見つける方法

2017年12月09日 09時00分更新

文● 高橋暁子 編集●村山剛史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「メルカリを使い始めてみたいけれど、フリマアプリってどう使えばいいんだろう……?」そんな悩みに毎週2回お答えするのがこの連載。SNSの最新情報・若者動向を追い続けるITジャーナリストの高橋暁子さんが、規約変更で安心・手軽になったメルカリのTIPSやお得なお知らせをやさしくお伝えします。

大人気フリマアプリのメルカリを楽しく安心して使う方法を毎週2回お届けします

Q:欲しいものはどうやって探せばいい?
A:検索機能を駆使しましょう!

何でもある」と言われるメルカリには、じつに様々なものが出品されている。まず、メルカリで欲しいものを探す方法についてみていきたい。

 メルカリでは自分が要らないものを出品したり、欲しいものを購入することができる。購入の前に、まず欲しいものを探してみよう。

 メルカリではトップ画面から検索・出品できる。上部から人気の商品が見られる「おすすめ」、商品紹介配信を見ながらその場で購入できる「チャンネル」、出品用の梱包材などが購入できる「ストア」、カテゴリーごとに商品が探せる「カテゴリ」を切り替えられる。

トップ画面。ここに「おすすめ」が表示される

ユーザーが配信で出品物を紹介できる「チャンネル」

出品物を梱包するためのアイテムを買える「ストア」

1日100万点とも言われる膨大な出品物を探すために「カテゴリ」は必須だ

 上部の検索マークをタップすれば検索画面となる。欲しいものが決まっていたら、上部のキーワード検索欄に商品名などを入力して検索しよう。「商品名 新品」「商品名 格安」など、アンド検索にも対応している。

 「カテゴリーからさがす」をタップでカテゴリー画面となる。表示されたカテゴリーをタップすると、さらに詳細なカテゴリーに絞ることができる。右側に矢印マークが突いている間はさらに細分化したカテゴリーが用意されているということだ。

 「ブランドからさがす」でブランド検索画面となる。ブランド名を検索画面に入力したり、50音順に並ぶブランド名から選んで探していこう。

検索画面。「カテゴリーからさがす」をタップすると……

出品物を探しやすいカテゴリー画面となる

右側に矢印マークが付いている間はタップでさらに細分化する

「ブランドからさがす」でブランド検索画面となる

 以上が基本の探し方となる。さらに便利な探し方もあるので、今後ご紹介していきたい。

■関連サイト

著者紹介:高橋暁子

 ITジャーナリスト。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、監修、講演などを 手がける。SNSや情報リテラシー教育に詳しい。『ソーシャルメディア中毒』(幻冬舎)、『Twitter広告運用ガイド』(翔泳社)、『できるゼロからはじめるLINE超入門』(インプレス)など著作多数。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などメディア出演も多い。公式サイトはhttp://akiakatsuki.com/、Twitterアカウントは@akiakatsuki

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン