COMPUTEX TAIPEI 2017レポート

遊び心満載! COMPUTEXで見たMSIのX299マザー

文●ドリル北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 COMPUTEX TAIPEI 2017のMSIブースでは、X299チップセット搭載マザーボードを5モデル展示していた。すべてのマザーでデザインコンセプトが異なるなど、見た目にもこだわった作りになっている。そのX299搭載マザーを写真でチェックしていこう。

COMPUTEXの会場である南港展覧館に巨大なブースを構えるMSI

自作ドラゴンことジサドラがジサトラの来訪を待ち構えていた

日本人には仮面ライダーの変身ベルトに見える
「X299 XPOWER GAMING AC」

アメコミヒーローの銃をイメージしたデザインの「X299 XPOWER GAMING AC」

「X299 XPOWER GAMING AC」に付属する拡張カード「M.2 Xpander-Z」。M.2 SSDを2台搭載でき、マザー本体のスロットと合わせて合計5台のSSDを搭載できる

最大のウリは、M.2 SSDを冷却する「M.2 SHIELD FLOZR」。従来モデルにも搭載されている「M.2 SHIELD」よりも冷却性能が向上しているという

どう見てもグラディウスでしょ!
「X299 GAMING M7 ACK」

宇宙船をイメージした「X299 GAMING M7 ACK」

こちらの「M.2 SHIELD FLOZR」は2台のSSDを冷却できる

チップセットと一体化した「M.2 SHIELD FLOZR」が、グラディウスに登場するボス「ビッグコア」のよう。PCIeスロットの左で発光するLEDは宇宙船から発射されたレーザーをイメージしているという(これまたビッグコアそっくり!)

ガルウイング風デザインの
「X299 GAMING PRO CARBON AC」

スーパーカーをイメージした「X299 GAMING PRO CARBON AC」

「M.2 Xpander-Z」や「M.2 SHIELD FLOZR」が付属しない代わりに、付け替え可能なVRMカバーが同梱されている

トマホーカーの期待を裏切らない!
「X299 TOMAHAWK」

市場に最初に投入されるMSIのX299マザーとなる予定の「X299 TOMAHAWK」

搭載される「M.2 SHIELD FLOZR」は、戦車の砲身がモチーフになっているという

3wayのSLIとCrossFireに対応
「X299 SLI PLUS」

3way-SLIと3way-CrossFireに対応する「X299 SLI PLUS」。ゲーミングモデルではないので、見た目の派手さはない

【関連サイト】

過去記事アーカイブ

2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月