このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” 第506回

iPhoneだからこそ撮れる猫写真もある! インスタ投稿用写真は加工も大事

2017年04月28日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

写真がイマイチな時はトリミングして構図を調整する

 でもいざ撮ってみると、ちょっと写真として面白くない。猫も遠すぎる。

 そこであとからちょっとトリミングして調整する。

 この写真をinstagramに上げるとき、大胆にトリミングして構図を調整したのがこちら。

instagramでトリミングしてフィルターをかけてみた。ちょっと猫を中心からずらしたのがポイント(2016年11月 アップル iPhone 7 Plus)

instagramでトリミングしてフィルターをかけてみた。ちょっと猫を中心からずらしたのがポイント(2016年11月 アップル iPhone 7 Plus)

 よく見ると被写界深度エフェクトが微妙な箇所があるけれども、それはさておき、塀の上にいる猫の雰囲気が出た。

 個人的にはiPhoneで撮った写真はそのあとにレタッチしてなんぼって感はあるな。撮ったものをそのまま使うことってあまりない。

 便利なフォトレタッチアプリが揃ってるからパソコンでいじるよりずっと簡単に一手間かけられるのも理由のひとつだし、そうして仕上げていくのが楽しいのも理由のひとつ。

 instagramアプリでさっとフィルターかけちゃうこともあるし、簡単な傾きや明るさの補正なら標準の写真アプリの出番だけど、一番よく使うのは「Snapseed」というアプリ。無料で超高機能なのでお勧め。

 撮影時とレタッチ後を並べてどうぞ。

元写真。逆光でちと暗い(2016年11月 アップル iPhone 7 Plus)

元写真。逆光でちと暗い(2016年11月 アップル iPhone 7 Plus)

正方形にトリミングし、明るさを調節してからSnapseedのドラマフィルタをかけてみた(2016年12月 アップル iPhone 7 Plus)

正方形にトリミングし、明るさを調節してからSnapseedのドラマフィルタをかけてみた(2016年12月 アップル iPhone 7 Plus)

 元の写真は逆光気味で暗くなってる。これを明るくしてドラマフィルターをかけてみた。

 こちらは自販機の上でくつろいでた白猫。逆光気味で白い猫なので暗く写ってしまったが、Snapseedで明るく補正。

くつろいでる姿がなかなかよかったので腕を少し上にあげて、見上げる感じにならないように撮影(2016年11月 アップル iPhone 7 Plus)

くつろいでる姿がなかなかよかったので腕を少し上にあげて、見上げる感じにならないように撮影(2016年11月 アップル iPhone 7 Plus)

Snapseedでほわっと明るくしてみた(2016年11月 アップル iPhone 7 Plus)

Snapseedでほわっと明るくしてみた(2016年11月 アップル iPhone 7 Plus)

 さて3つ目のパターン。

 それは猫がひとなつっこすぎるとき。

 とことこと近寄ってきて撫でてくれといってきたり、足下でごろごろされたりすると逆に撮りづらい。普通のカメラだとレンズが飛び出てるのでモニターを見ながら撮るとか大変困難なのである。

 でもiPhoneなら薄いのでなんとかなるのだ。左手で猫を撫でながら右手で撮る。そういうときiPhoneの出番である。

 首を撫でてやるとめちゃ気持ちよさそうにへちゃったのでその隙にiPhoneで。

ポートレートモードで撮影後、Snapseedでちょっとふわっと(2016年12月 アップル iPhone 7 Plus)

ポートレートモードで撮影後、Snapseedでちょっとふわっと(2016年12月 アップル iPhone 7 Plus)

 こんな状態になると一眼レフなんてデカくて邪魔なだけだからね。iPhoneの方がずっといい。

 人差し指を差し出したら鼻をこすりつけてきたってときももちろんiPhone。

近寄っても逃げる気配を見せなかったので人差し指を差し出してみたらこすりつけてきた(2017年1月 アップル iPhone 7 Plus)

近寄っても逃げる気配を見せなかったので、人差し指を差し出してみたらこすりつけてきた(2017年1月 アップル iPhone 7 Plus)

 iPhoneに限らず、スマホの画質はどんどん上がってて、スマホの薄さや機動力が猫撮りに役立つこともあるのである、って話でありました。

 時代はどんどん進んでて面白いですな。

■Amazon.co.jpで購入


筆者紹介─荻窪圭


著者近影 荻窪圭

老舗のデジタル系ライターだが、最近はMacとデジカメがメイン。ウェブ媒体やカメラ雑誌などに連載を持ちつつ、毎月何かしらの新型デジカメをレビューをしている。趣味はネコと自転車と古道散歩。単行本は『ともかくもっとカッコイイ写真が撮りたい!』(MdN。共著)、『デジカメ撮影の知恵 (宝島社新書) (宝島社新書)』(宝島社新書)、『デジタル一眼レフカメラが上手くなる本』(翔泳社。共著)、『東京古道散歩』(中経文庫)、『古地図とめぐる東京歴史探訪』(ソフトバンク新書)、『古地図でめぐる今昔 東京さんぽガイド 』(玄光社MOOK)。Twitterアカウント @ogikubokei。ブログは http://ogikubokei.blogspot.com/


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン