このページの本文へ

チルト液晶やフロントシャッター、スマホでのリモコン操作など機能満載

カシオ、超広角19mmレンズ搭載エクシリム

2016年08月24日 15時17分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
EX-ZR4000

 カシオ計算機は8月24日、コンパクトデジカメ「エクシリム」の新製品として広角側19mmという超広角レンズを搭載した新製品「EX-ZR4000」を発表。9月9日に発売する。価格はオープンプライスで、予想実売価格は5万7000円前後。

 撮像素子に1/1.7型(総画素数1276万画素)の裏面照射CMOSセンサーを採用、レンズは35mm判換算19~95mm相当の光学5倍ズーム(光学式手ブレ防止機能搭載)、背面にはチルト式の3型TFT液晶を装備。撮影機能はオート、各種シーンプログラムのほか、マニュアル露出指定も可能。

 BluetoothおよびWi-Fi機能を搭載し、スマホと連携して撮影画像を転送できるほか、スマホからのリモート操作も可能。SDメモリーカードスロットを搭載するほか、27.6MBの内蔵メモリーを内蔵。静止画記録は最大4000×3000ドット、動画は1920×1080ドット/30fps。

カラーはブラックとホワイトの2モデル。レンズ右下にはフロントシャッターボタンも用意する 

 リチウムイオン充電池は約430枚の撮影が可能で、microUSB端子によって本体で充電できる。本体サイズは約幅108.3×奥行き37.7×高さ61.5mm、重量約249g。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン