このページの本文へ

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」第192回

11月17日解禁!

2016年ボジョレー・ヌーボーの評価は?日本ワインにも注目

2016年11月16日 19時16分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ごきげんよう、アスキーのナベコです。今年もこの季節がやってきました。11月の第3木曜日、そうボジョレー・ヌーボーの解禁日。

 ボジョレー・ヌーボーとはフランスのブルゴーニュ地方のボジョレー地域でつくられる、その年に収穫されたぶどうで仕込んだ新酒。解禁日には新酒(ヌーボー)を飲んで収穫をお祝いするという習わしがあったそうですね。サッポロビールのサイトを見るとかつては解禁日は11月11日だったという話もありますね。

 気になるのは今年2016年のボジョレー・ヌーボーのできですね。毎年「●年に1度のでき」といったキャッチコピーが話題になりますが、今年のできはというと……。

 アサヒビールのサイトに特設されているボジョレー・ヌーボーのワイナリーレポートによると「今年のボージョレ地区は春先の天候不良はありましたが、夏以降には素晴らしい天候に恵まれ、ぶどうも完熟を果たし昨年よりも多く収穫できました」とのこと。

 “完熟”ということで期待ができるのではないでしょうか!

「アンリ・フェッシ ボージョレ・ヌーヴォ 2016」の醸造責任者のローラン・シュヴァリエ氏によると、ボジョレー地方の天候は夏以降素晴らしく恵まれたということ。

 キャッチコピーは日本のメーカーがそれぞれつけていたりするため、公式の発表というわけではないのですよね。日本では一時はボジョレー・ヌーボーの解禁がブーム的に持ち上げられましたが、最近は少し下火。本来の、今年のワインの新酒を楽しむという意味でしっとり堪能してみてはどうでしょうか。

今年の日本のワインは?

 ボジョレーといった海外のワインもいいですが、最近は国内で採れたぶどうでつくった日本のワインへも注目も高まってきています。

 記者ナベコは10月中旬にシャトー・メルシャンの山梨県勝沼市のワイナリーに訪れました。みなさんも耳にしたことあるでしょうメルシャンは、いくつかのワインブランドを手掛ける酒製造販売企業で、その中でもシャトー・メルシャンは、日本初の民間ワイン会社をルーツとする歴史あるワイナリー。現在は山梨、長野、福島、秋田などにある自社農家や契約農家で採れたブドウで日本ワインを醸造しています。

ボジョレー・ヌーボーもいいけど、日本ワインも今熱い。記者は勝沼市にあるシャトー・メルシャンのワイナリーに行ってきました。
マスカット・ベーリーAで乾杯!

 日本ワインというと有名な品種は“マスカット・ベーリーA”。ワイナリーで試飲した「シャトー・メルシャン 穂坂マスカット・ベーリーA 2013」はイチゴのような甘酸っぱい香りがあり、やさしい果実味、ほどよい余韻があってとてもおいしかったです。

穂坂マスカット・ベーリーA香りがイチゴのよう。

 フランスのワインはタンニンがしっかりしてどっしりした味わいのものが多いですが、マスカット・ベーリーAのような軽やかな果実味を楽しめるのは日本ワインならでは。

 ところで、日本ワインの今年のできも気になるところ。

 ご存知の通り日本では今年、9月中旬から台風が立て続けに差し掛かったため雨量が多くなってしまいました。ぶどうはあまり水分が多くなってしまうと糖度が薄まってしまい、ワインとしてもあまり良くないのですよね。

 ですがそれ以前でいうと、梅雨も降雨量が少なくてとても良いコンディションだったということ。シャトー・メルシャンでは9月上旬までに収穫したぶどうに関してはとても良く、9月中旬以降に栽培したものはやや厳しいものの、検品を厳重に行うなどして質の向上に努めているということでした。

 シャトー・メルシャンのワイナリーを見学したところ、圧搾する前のブドウを人が手作業で検品していました。もちろんオートメーション化が進んだワイナリーも多くありますが、小規模なワイナリーだと人の手によって大切にワインがつくられているのですね。

 クリスマス、年末年始の集いといったシーンにワインはつきもの。ちなみにワインはポリフェノールが高いのでダイエット効果があるようです。実際に記者が試してみたのですが……、実は妥協してしまいました。そちらのエピソードが気になった人はコチラを……。

勝沼にあるぶどう畑も見せてもらいました。収穫直前のぶどうは糖度が高まっており、このままつまんでみてもおいしかったです。

■関連サイト


ナベコ

寅年生まれ、腹ぺこ肉食女子。特技は酒癖が悪いことで、のび太君同様どこでも寝られる。30歳になっても愉快にやっていきたい。Facebookやってます!

人気の記事:
酒好き必訪!超コスパの神楽坂「塩梅」の日本酒飲み放題 」「串カツ田中が100円均一なので、一番高い串を食べてきた」「アラサーが女子大生にまんまと成りすませるか試してみた」「“噂のダイソー100円ワインを飲んでみた

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧