このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ちょっと気になる! 小便利そうな周辺機器レビュー第64回

地味に売れているホテルWi-Fi兼モバイルストレージ兼Wi-Fiリピーターを試す!

2016年11月08日 12時00分更新

文● 織野至

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
プリンストン「デジ蔵 ShAirDisk PTW-WMS1」
プリンストン「デジ蔵 ShAirDisk PTW-WMS1」

 スマホのストレージ容量は、16~256GBとなっているが、32~64GBが特に多い。そのため、写真や音楽、動画といった量の多いデータ類はAndroidであれば、内蔵したmicroSDカードに保存するか、クラウド、iPhoneの場合はクラウドになる。

 そのためか、スマホ向けのストレージが登場するに至っている。今回はストレージ機能に加えて、ホテルWi-Fiにもなり、Wi-Fiリピーターにもなる実売価格3500円前後のプリンストン「デジ蔵 ShAirDisk PTW-WMS1」をチェックしてみよう。

ローカルネットワークにも組み込みやすいサイズ

コンパクトな本体 手のひらに乗るコンパクトな本体

 デジ蔵 ShAirDisk PTW-WMS1は、本体のみで成立するものではなく、USBストレージ/外付けHDDに接続、もしくはネットワークに接続する必要がある。

 そのため、幅51×奥行き56×高さ18mmの小型筐体ながら、UBS 2.0ポート×1、有線LANポート×1(10/100BASE-TX)を備えている。

左からローカルネットワーク/無線LAN切り換えスイッチ、電源、有線LAN リセットスイッチ、USB 2.0ポート
左からローカルネットワーク/無線LAN切り換えスイッチ、電源、有線LANリセットスイッチ、USB 2.0ポート

 また、本体への給電はmicroUSBを採用しており、本体にバッテリーを内蔵していないが、すっかり定着している充電方式なので室内でも屋外でも手持ちの環境に組み込みやすい。

付属品はUSBケーブル。給電用として用意されている 付属品はUSBケーブル。給電用として用意されている

 ネットワークを見てみると、上記のように有線LANポート×1(10/100BASE-TX)に加えて、IEEE 802.11b/g/n(WPA-PSK、WPA2-PSK、WPA/WPA2-PSK)に対応するほか、機能としてはSambaサーバー、DHCPサーバー機能も持つ。同時接続数は5台で、無線リピーターの機能もあるため、中継機としての運用も可能だ。

USBストレージを接続してみたところ USBストレージを接続してみたところ

 接続するストレージについては、USBストレージの場合は、最大64GBまで。外付けHDDの場合は最大2TB。ローカルネットワークに接続した場合、Windowsからもアクセス可能になるため、PCからアップロードしたデータをスマホで見るといった場合に重宝するだろう。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン