このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ちょっと気になる! 小便利そうな周辺機器レビュー 第57回

ノートも充電できるACコンセント搭載モバイルバッテリーは小型でステキ

2016年08月31日 12時00分更新

文● 織野至

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
リンクスインターナショナル「enerpad AP-12K」

リンクスインターナショナル「enerpad AP-12K」

 ノートPCや充電タップを使用できるモバイルバッテリーは、これまで大型のものが多かった。

 ノートPC向けに変換プラグを用意するものはあっても、ACコンセントを備えたものとなると、やはり大型のものばかりだった。

 今回チェックするリンクスインターナショナルの「enerpad AP-12K」は比較的小型で、ACコンセントを備えるモバイルバッテリーだ。

 実売価格は2万1000円前後とやや高価だが、ノートPCの充電やアウトドア時の電源を探している人には、とても響く製品ではないだろうか。さっそく見ていこう。

コンセント付きでもギリギリ手のひらサイズ!

本体外観。パッと見シンプルだ

本体外観。パッと見シンプルだ

 enerpad AP-12Kは、ACコンセントに対応するものとしては小型だ。サイズは幅130×奥行き130×高さ26mmで、幅と奥行きはCDケースに近く、ギリギリだが手のひらサイズになる。

 やや分厚いのだが、カバンの中に入れにくいほどではない。またスマホの充電を前提としたモバイルバッテリーでも似た厚みの製品は多いため、置き換えるにしてもスペースの計算はしやすいだろう。

 ただし、重量は約408gと重めであるため、モバイル時の総重量を気にするのであれば、ほかの荷物を減らす検討が生じるかもしれない。

側面に充電用USBポート×1(5V/2.4A)、バッテリー残量LEDインジケーター、電源ボタン、AC出力スイッチがある

側面に充電用USBポート×1(5V/2.4A)、バッテリー残量LEDインジケーター、電源ボタン、AC出力スイッチがある

 側面にボタンや端子類が用意されており、充電用のUSBポートは、5V/2.4Aと十分なものだが1ポートのみ。

充電はDC入力になり、約3時間で満充電になる

充電はDC入力になり、約3時間で満充電になる

 電源ボタンやバッテリー残量チェックボタンのほか、本体充電用のDC入力もある。そして天板部にはACコンセント×1といったシンプルなレイアウトだ。

付属のACアダプター。幅81×奥行き31×高さ25mmと小型に属するため、持ち運べないわけではない

付属のACアダプター。幅81×奥行き31×高さ25mmと小型に属するため、持ち運べないわけではない

 付属品にはACアダプターがあり、これも含めて持ち運ぶのは厳しいものがあるが、バッテリー容量は12000mAhと十分あり、その日限りの充電、もしくは小旅行用に運用するのであれば、ACアダプターを持ち運ぶ必要もないだろう。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン