• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

アクセスランキング

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2022October

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

GDC 2016レポート

クオリティーが異常、GDCの最新デモに見るVRの熱狂と成功の道筋

2016年03月23日 10時00分更新

文● 新清士、編集●ASCII.jp

ハードからゲームの中身への関心にシフトが始まる

 今回のGDCではVRHMDのハードに注目の中心が集まっていたが、Oculus Rift、HTC Vive、PSVRのハードスペック、そして年内に出揃うことが確定した。いよいよゲームタイトルの中身の関心へとシフトが始まることになる。

 ただ、それらのVRHMDの販売台数は、3ハード合計しても年内に数百万台程度にとどまり、簡単には普及が進まないと予想されている。そのため、市場形成には時間がかかるという見方もある。

 しかし、VR関係者が共通して感じているのは、VRHMDには強力な魅力があることだ。

 そのため、製品発売が始まると、体験する人数が劇的に増加し始めるために、口コミで一般のユーザーにも急激に広がるという楽観的な予想を口にするゲーム開発者も多かった。

 まだまだ試行錯誤が多いが、「VR普及元年」といわれる今年、様々な試みが登場し、話題を集め続けるだろう。VR分野が、エキサイティングな年であり続けることは、間違いない。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう