このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ちょっと気になる! 小便利そうな周辺機器レビュー第33回

全方位で安定接続! 直販8900円で11ac対応のパワフル無線LANルーター

2016年02月23日 12時00分更新

文● 織野至

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
アイ・オーデータ機器「WN-AX1167GR」

アイ・オーデータ機器「WN-AX1167GR」

 無線LANルーターの更新間隔は、意外と長い。大半の読者は、1度購入してから規格的な問題にぶつかるか、故障するまでは買い換えない派ではないだろうか。

 一部読者においては、やたらとWi-Fi接続対応機器を持つがあまり、頻繁に更新したり、追加したりしていると思うのだが、ともあれ、いずれの場合においても屋内のどこでも繋がることが肝要だ。

 そこで今回は、2016年2月下旬発売予定のアイ・オーデータ機器「WN-AX1167GR」をチェックする。直販価格8900円と低価格ながら、IEEE 802.11acに対応する製品だ。

上限前後左右、全方位をカバーする「360コネクト」

本体はとてもさっぱりしたデザインだ

本体はとてもさっぱりしたデザインだ

 ルーターとしてはコンパクトなボディーを採用しており、ここ最近のトレンドに沿ったものとなっている。

 設置は縦横に対応しており、縦置きの場合は幅100×奥行き150×高さ156mm、横置きでは幅150×奥行き150×高さ42mm(どちらもスタンド含む)と異なるが、いずれにせよ省スペース設計である。

側面と底部にスタンド接続用の加工がある

 筐体はやや丸みを帯びているため、横置き時でもスタンドを使用することになるが、本体重量約270gと軽く、ゲーム機やPCの直上に置いておくことも可能だ。

 低価格である理由はインターフェース面にあるかと思ったのだが、電源ボタンなどはなく、電源を挿し込んだ時点で起動する。

本体背面。WAN×1、LAN×4のほか、WPSボタン、切り替えスイッチがある

本体背面。WAN×1、LAN×4のほか、WPSボタン、切り替えスイッチがある

 背面にはWPSボタン、設定変更スイッチ(カスタム/オート)、WAN、LAN×4があるだけだ。この時点でメインの無線LANルーターではなく、中継用として良さそうと感じた人もいるのではないだろうか。

 それは正解でデュアルコアCPUを搭載しているため、後述するように負荷に強く、ハブを兼ねたアクセスポイント的運用にも十分に耐える。

 さて、チェックに入る前に無線性能を見てみよう。プッシュされているのは「360コネクト」で、電波を全方位に放出するアンテナを採用している。

 これにより、よくあるアンテナのようにある程度の方位はカバーするが、特定角度には弱いといった問題を解決している。

 また、ビームフォーミングにも対応するため、対応する機器への接続を確実なものにしやすい。

 カタログスペックにおける利用目安も、戸建てであれば3階、間取り4LDKと十分なパワーを持つ。接続台数は8台を推奨している。この点については、環境依存が激しい部分なのだが、一般的な環境下では十分だろう。念のため、12台を接続してみたが、問題らしい問題はナシ。

 また使用チャンネルは以下の通り。アンテナは2.4GHz送受信用×2、5GHz送受信用×2といった構成だ。

  • 2.4GHz帯:1-13ch
  • 5GHz帯 :36/40/44/48/52/56/60/64/100/104/108/112/ 116/120/124/128/132/136/140ch

 以上のように十分なものになっており、家庭用だけでなく、SOHO用としても耐えるのではないだろうか。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン