このページの本文へ

最新パーツ性能チェック ― 第183回

NVMe対応「Samsung SSD 950 PRO」の512GBを計測

2015年11月11日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

SATA(AHCI) SSDの2倍近い性能を発揮
ATTO Disk Benchmark 3.05

 続いては「ATTO Disk Benchmark」を使って、ブロックサイズ別のシーケンシャルリード、同ライトのパフォーマンスだ。リード、ライトともに、16KBの小さなサイズで1000MB/sを超え、64KBでピーク性能に達している。ピークの数値はCrystalDiskMarkと同じく公称値を上回っている。

 550MB/s程度が限界となる従来のSATA(AHCI) SSDでも、8~16KB辺りから数値が伸びてくるのは同じだが、ピーク性能に雲泥の差があるので、8KBの時点でSATA(AHCI) SSDの2倍近い性能を発揮できている。

ATTO Disk Benchmark 3.05の結果

圧縮率の違いによる性能差はなし
AS SSD Benchmark 1.8.5636.37293

 「AS SSD Benchmark」では、「CrystalDiskMark」と「ATTO Disk Benchmark」よりも低めな数値が出ているが、傾向としては同じになっている。

 NVMeインターフェースのメリットとなる並列アクセスを行なう「4K-64Thrd」(64ファイルの同時アクセス)では、リード1118.92MB/s(28万6443IOPS)、ライト361.2MB/s(9万2468IOPS)の公称値に近い数値を出してる。また、パフォーマンススコアーは、SATA SSDでは、お目にかかれない2731スコアーを獲得。

AS SSD Benchmarkの標準テストの結果。左は同じ結果のIOPS表示になる

 圧縮率の影響を確認できる「Compression-Benchmark」は、ほぼ横ばいで、圧縮率の違いによる性能差は確認できなかった。

Compression-Benchmarkの結果

 大容量ファイルの単体コピーを想定した「ISO」、小さな多数ファイルコピーを想定した「Program」、大小のファイルコピーを想定した「Game」のファイルコピーテストを行なう「Copy-Benchmark」も、当然ながら高パフォーマンスを発揮していた。

Copy-benchmarkの結果

Windows10のドライバーでは性能を発揮しない
PCMark 8(2.5.419)

 最後はPC作業をシミュレートしてPCパフォーマンスをスコアーで示す「PCMark8」の「Storage」テストの結果だ。WordやExcel、Photoshop、ゲームなどのレスポンスタイムでスコアーを算出する形になっている。ただ、SSD同士ではスコアー(タイム)に顕著な差が出ないテストだったりする。

 とは言え、SATA(AHCI) SSDでは4000台後半になるスコアーで、5000スコアーを突破。さらに「Storage bandwidth」でも、一般的なSATA SSDの2倍近く高速となる678.84MB/sをマークしているのは注目だろう。

PCMARK 8のStorageテストの結果

 ちなみにWindows10標準のNVMeドライバーでは、4572スコアー、Storage bandwidth 132.24MB/sまでダウン。各レスポンスタイムも落ち込み、「Adobe Photoshop heavy」テストでは、95.7秒も差が出ている。

 「SSD 950 PRO」導入時は、Samsung提供のNVMeドライバーがマストと覚えておこう。また、標準ドライバーでは、「AS SSD Benchmark」のライトパフォーマンスが数十MB/s台になる症状も確認している。

Windows 10標準のNVMeドライバーでStorageテストを実行した際の結果

(→次ページヘ続く 「最大パフォーマンスの維持にはひと手間必要」)

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中