このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新パーツ性能チェック第183回

NVMe対応「Samsung SSD 950 PRO」の512GBを計測

2015年11月11日 15時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

最大パフォーマンスの維持にはひと手間必要

 基板タイプのSSDは発熱が気になるところ。とくにNVMeは高発熱で、インテル「SSD 750」に至っては水冷ブロックがEK WaterBlocksから登場しているほど。CPUと同じように、一定温度に達すると転送速度を落として熱暴走やデータ破損などを阻止する機能が備わっているが、それでは爆速SSDの意味がないと言うもの。

EK WaterBlocksから発売されているインテル「SSD 750」用の水冷ブロック「EK-FC I750 SSD」。M.2 SSD向けのヒートシンクをどこか製品化してくれないだろうか

 「MZ-V5P512BW」のNANDフラッシュメモリー部に温度計を取り付けて、温度と転送速度をチェックすると、チップ表面温度が65度を超えたあたりで転送速度がダウンした。「SSD 950 PRO」も、ほかのSamsung製SSDと同じく、内部温度が70度を超えると転送速度を落とす「ダイナミックサーマルガード」が備わっているようだ。

CrystalDiskMarkは、最高55度程度だったが、ATTO Disk Benchmark実行時は、8MBあたりから転送速度がダウンした

 M.2スロットの位置によっては、PCケースのフロント吸気からの風があたるので、問題ないと思われるが、M.2スロットに風を送るファンの設置や基盤にヒートシンクを取り付けるなどのひと工夫を行なって、常に最高パフォーマンスを発揮できるようにしたい。

導入難易度は高いが
優越感抜群の性能を発揮

 圧倒的パフォーマンスを発揮した「SSD 950 PRO」の容量512GBモデル「MZ-V5P512BW」。PCI Express3.0 x4対応のM.2スロットや拡張スロットに、冷却面に気を配る必要があると、汎用性は従来の2.5インチ SSDにおよばないものの、ストレージ単体でシーケンシャルリード2600MB/s、ライト1500MB/sを実現できるのは実に魅力的。

公称値通りのパフォーマンスを発揮した「MZ-V5P512BW」。今後主流になっていくだろう、NVMe M.2 SSDのひとつの指標となるはずだ

 「SSD 950 PRO」は、今後主流になっていくだろう、NVMe M.2 SSDのひとつの指標となる製品なのは確実。この冬のボーナスで、LGA1151プラットフォーム(Z170ならびにH170搭載マザーボード)のハイエンドPC自作を考えている人は、「SSD 950 PRO」を視野に入れておこう。

【関連サイト】

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中