このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

1万円レコードプレイヤーが欲しい オーディオテクニカ『AT-PL300』を試した

2015年09月14日 18時00分更新

文● 盛田 諒(Ryo Morita)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

音はこれだけ鳴れば満足

ダストカバーもついてくる

 いよいよ音を鳴らしてみる。お義父さんのレコードコレクションから、室内楽を中心にクラシックをかける。いい音だ。「めちゃクリア! 音が最後まで消えない!」とか驚くところはないけど、きれいに音が聞こえてくる。

 歌声を聞いてみようと、懐かしい童謡のレコード、それとお義父さんが好きだった森山良子のレコードをかけてみる。やっぱりそれなりに聴けて、懐かしい気持ちになった。ちょっと音がこもってる気もするけど、そんなに気にならない。

(関係ないけど童謡のレコードは『チンチンポンポン』、男の子と女の子が一緒にお風呂に入って「なに見てるの」とか言いあう歌。ほがらかな時代でしたね……)

 個人的には音の美しさを求めるならハイレゾに行くから、これくらい鳴れば十分。マランツのプリメインアンプ、JBLのスピーカーをつないで聴いてみたけど、音の良いアクティブスピーカーをつなぎ、コンポみたいに使うのがよさそう。

 そんなわけでオーディオテクニカ『AT-PL300』は、機能とても満足、音質まずまず満足の良いプレイヤーだった。さらなる音質を求めるなら上位機種を探したほうがいいけど、シンプルにレコードが聴きたいよ、という人にはおすすめ。

 使うには少なくともアクティブスピーカーが必要なので、初級者はそれだけ注意。次回はスピーカー内蔵型の超シンプルプレイヤー、ION AUDIO『Archive LP』を使ってみる。さて記者はどっちを買うことになるのだろうか。

オーディオテクニカ『AT-PL300』

参考価格 1万2960円
回転数 33/45回転
S/N比 45dB
カートリッジ VM型ステレオ
出力電圧 2.5mV/200mV
消費電力 3W
サイズ 幅360×奥行き357×高さ97mm
重量 2.7kg
付属品 変換ケーブル(3.5mmステレオミニ→ステレオピン)
交換針 ATN-3600L
交換ベルト AT-PL300用ベルト


■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画