このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第345回

携帯性を求めて……実測185gの超軽量3つ折りキーボードを衝動買い!

2015年08月26日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
しばらく見なかった三つ折Bluetoothキーボードが登場!
しばらく見なかった三つ折Bluetoothキーボードが登場!

 モバイルPCとガラケーが並行、または補完的に使用されていた過去には、PC用キーボードと同じQWERTY配列のコンパクトキーボードの需要がかなりあった。

 しかし、昨今は携帯電話のメインストリームがガラケーからスマートフォンに変化してきている。

 その変化は、日本語の入力スタイルにも変化をもたらし、従来のケータイ入力にとって代わってフリック入力がマジョリティを占めて来るのが当然だ。そして筆者は、QWERTYキー入力のユーザーは激減すると予想していた。

 しかし、今年(2015年)も開催された「COMPUTEX TAIPEI 2015」(関連記事)を見ても、まだまだコンパクトなQWERTYキーボードの需要は根強いようだった。もちろん、主たる市場は日本ではなく、長いタイプライター文化のある欧米向けだろう。

 また、6型前後のファブレット市場や、それより大きなタブレット入力を考えれば、それほど多くはないだろうが、日本国内にもまだコンパクトQWERTYキーボードの需要はあるのかもしれない。

 今回紹介するキーボードは、COMPUTEX TAIPEI 2015の会場でも展示されていた、最近では珍しい3つ折りのコンパクトキーボードだ。残念ながら商品としてドラマチックな名前はつけられておらず、「Bluetooth KEYBOARD for Tablet」(以降:GK-930-BK)という残念な商品名となっている。

3つ折り式で軽い! 携帯性に優れた
「Bluetooth KEYBOARD for Tablet」

Windows、iOS、Androidのタブレット、スマートフォンに対応する「GK-930-BK」 Windows、iOS、Androidのタブレット、スマートフォンに対応する「GK-930-BK」

 ガジェットマニアの大好きな“折りたたみキーボードの歴史”はけっこう古く、筆者が初めて見たのは今から十数年以上昔だ。2つ折りにはじまり、3つ折り、4つ折りまで進化し、最後はクルクルと巻き取るような、ちょっと違うかも……という商品まで登場した。

 そんな多種多様な折りたたみキーボードの中でも、今から十数年前に登場したThink OutsideのPalm用の4つ折りキーボードである「Stowaway Portable Keyboard」は、最優秀点をつけることができる最高のコンパクトキーボードだった。

 モバイル環境においてコンパクトキーボードを携帯する意味は、入力パフォーマンスと携帯性能、携帯重量の改善だ。簡単に言えば“入力しやすく、小さくたためて軽い”ということだ。

 今回、筆者がGK-930-BKを衝動買いした理由は、現在メイン機として使っている「Surface 3」の総携帯重量を少しでも軽くするためと、スマホ(iPhone 6 Plus)しか持って行かない時の文字入力パフォーマンスの改善だ。

 筆者は元来トラックポイントユーザーなので、タッチパッド操作は不得手なためにSurface 3でも軽量なBluetoothマウスを一緒に持ち歩いている、その分、重量的には不利なのだが、操作性には替えられない。そのため少し重量は多く、携帯重量は987gとほぼ1kgだ。

携帯時のスタイルは左右から折りたたんでキーボードの約半分サイズ
携帯時のスタイルは左右から折りたたんでキーボードの約半分サイズ
筆者の普段のモバイルスタイルはSurface 3 LTE+マウスで987g 筆者の普段のモバイルスタイルは、Surface 3 LTE+マウスで987g

 タブレットカバーにもなるSurface 3のタイプカバーはなかなか秀逸な商品で、単体重量は269gと比較的軽い。一方、GK-930-BKは実測で185g(スペック値は184g)と軽いが、タイプカバーと置き換えてもたったの84gしか軽くならない。当然のことだがGK-930-BKをSurface 3と一緒に持つと携帯重量は903gと軽くなる。

タイプキーボードはたった269gでキーボード+カバー機能は優秀だ GK-930-BKは185gと超軽量。キーピッチは17.5mm キーストロークは1.8mmと優秀だ
タイプキーボードはたった269gでキーボード+カバー機能は優秀だGK-930-BKは185gと超軽量。キーピッチは17.5mm キーストロークは1.8mmと優秀だ
GK-930-BKをSurface 3と組み合わせても実際には903gと少し軽いだけ 使い勝手はまったく問題ないが、残念ながら携帯性能が劣ってしまう
GK-930-BKをSurface 3と組み合わせても実際には903gと少し軽いだけ使い勝手はまったく問題ないが、残念ながら携帯性が劣ってしまう

 そして、実際にこの組み合わせでしばらく使ってみた。結論として操作性はさほど問題ではないが、携帯する時の一体性能は分かりきったことだが、はるかに劣ってしまうという悩ましい結果となった。

手前からThinkPadキーボード、ANKERキーボード、GK-930-BKキーボード
手前からThinkPadキーボード、ANKERキーボード、GK-930-BKキーボード

 しかし、GK-930-BKは筆者が使っている4台のBluetooth系キーボードの中では最軽量であることも事実。もっとも使いやすい「ThinkPadキーボード」は最大重量で419g、白く軽そうに見えて安いANKERのキーボードは307g、そしてGK-930-BKが185gだ。

GK-930-BKはキーボードユーザーに評判の「ポメラDM1000」(上)と比べても優秀だ GK-930-BKはキーボードユーザーに評判の「ポメラDM1000」(上)と比べても優秀だ

 GK-930-BKをキー入力では、そこそこユーザーから定評のある「ポメラDM1000」と並べて実際に比較してみたが、キーピッチこそGK-930-BKの方が0.5mmほど狭いが、ストローク感やクリック感はGK-930-BKの方が心地よい。

次ページへ続く、「両端が浮くのが気になる……そこでちょっと工夫!

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン