このページの本文へ

夏のベストセレクション2015第2回

ASCII.jp編集部 ハシモトがオススメ

4Kの4倍、“8K”の精細感を我が部屋に! シャープ「AQUOS 4K NEXT」がほしい!!

2015年06月26日 12時00分更新

文● ハシモト/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2015年の夏はこれを買えば間違いなし! 旬のデジギアやおススメ製品をASCII.jpの編集者/ライターが紹介します。
 毎日使いたいスマホやハイレゾヘッドホン、この機会に買い換えたい周辺機器と自作PCパーツ、さらにASCII.jpとしては外せないPCとジャンクフードもバッチリ押さえてます! 記事一覧はこちら

2007年頃にテレビを買った人、そろそろ買い替え時期ですよ

 液晶テレビの買い換えタイミングは、だいたい8年と言われている。つまり、2007年頃に液晶テレビを買った人は、そろそろバックライトの寿命などでテレビが映らなくなる、という事例も出てくる時期だ。

 2007年というのは、エコポイント需要でテレビが品薄になるほど売れた2010年の3年前にあたる。2011年夏のアナログ停波を見込んで駆け込みでテレビを購入した人が多かった、あの年である。

「AQUOS 4K NEXT」(LC-80XU30)
「AQUOS 4K NEXT」(LC-80XU30)

 しかし、それより3年も前に液晶テレビを買った人たちは、必要に迫られてというよりは、ちゃんと画質を確認して液晶テレビを選んだ人も多いはずだ。

「AQUOS 4K NEXT」(LC-80XU30)
「AQUOS 4K NEXT」(LC-80XU30)

 そのような人たちが今、テレビの買い替えを検討する場合、フルHDの4倍という高精細な4Kテレビがおススメ。この夏は、テレビメーカー各社が4K液晶テレビを発表しているが、イチオシはシャープの「AQUOS 4K NEXT」(LC-80XU30)である。

スタンドは内側にスライド可能。本体幅は約180cmだが、幅約100cmの設置スペースに置くこともできる オーディオは2.1chの3ウェイ6スピーカーシステムを採用。65Wの音声出力となっている
スタンドは内側にスライド可能。本体幅は約180cmだが、幅約100cmの台の上に置くこともできるオーディオは2.1chの3ウェイ6スピーカーシステムを採用。65Wの音声出力となっている

 ラインナップは80V型のみで、価格は168万円前後とお財布にはまったく優しくないモデルであるが、“8K相当”という、ほかの4Kテレビとは一線を画す高精細さが特徴だ。

シャープ独自の液晶技術で“8K相当”を実現

“パネルは4Kだが精細感は8K相当”を実現した仕組みは……
“パネルは4Kだが精細感は8K相当”を実現した仕組みは……

 “8K相当の画質”をアピールするには、きちんとした技術的な裏付けがある。

 まず押さえておきたいのは、シャープには「AQUOSクアトロン」という製品があること。通常の液晶テレビは、1つの画素が赤/緑/青(RGB)のサブピクセルによって構成され、この輝度の組み合わせによって色を表現する。

 一方でAQUOSクアトロンはRGBに黄色(Y)を加えた4つのサブピクセルで構成される。これにより、フルハイビジョンの鮮やかな色を実現する。

 このAQUOSクアトロンの技術を応用し、4倍の再現可能な色空間が広がるのが「AQUOSクアトロン プロ」である。

AQUOSクアトロン プロの横方向の高精細表示の仕組み
AQUOSクアトロン プロの横方向の高精細表示の仕組み

 AQUOSクアトロン プロは、AQUOSクアトロンの液晶パネルを利用し、横方向と縦方向でそれぞれ2倍の精細さを実現する。具体的には、横方向のRGBYという配列おいて、2つの輝度ピーク=白(RGBとBY)が得られることに注目。駆動制御によって1画素で2つの輝度ピークを表現でき、2画素分の輝度情報を表示できる。

AQUOSクアトロン プロは1画素でも上下で制御を独立させている
AQUOSクアトロン プロは1画素でも上下で制御を独立させている

 縦方向では、1画素を上下で分け、1フレームおきに明滅。これにより、やはり1画素で2画素分の情報を表示できる。

 そしてAQUOS 4K NEXTは4KパネルでAQUOSクアトロン プロの制御を実現。8K相当の輝度解像度を実現する。

 もちろん、まだ8Kコンテンツなどというものは一般的には存在しない。このため、画像処理エンジンの「X8-Master Engine PRO」によるアップコンバート機能を利用し、フルHDや4K解像度の映像を高精細に表示する。

 リアル8Kの民生用テレビと言うのは、まだ販売されていないと思う。少なくとも量販店の店頭などではお目にかかれないだろう。NHKのイベントなどで「スーパーハイビジョン」として見る機会はあると思うが、まだ映像を見たことのない人も多いはずだ。

 8Kの解像度は7680×4320であり、約3317万画素である。デジカメでも3000万画素超の撮影ができる機種は少なく、たとえばニコンのデジタル一眼レフ「D800」シリーズ(有効約3630万画素)といったハイエンド機種に限られる。

 3000万画素超の画像がどんなものかはこの撮影サンプルを見てもらえばわかると思うが、圧倒的な精細感である。

この画面のチャートを接写した場合……
この画面のチャートを接写した場合……
従来の4Kテレビ(左)ではつぶれてしまうほど細かい文字でも、AQUOS 4K NEXT(右)ならちゃんと読める
同じく4Kテレビ(左)ではくっついて見えてしまう線も、AQUOS 4K NEXT(右)なら1本1本がちゃんと離れて見える

 それを自宅のリビングで堪能できるのは、まさに夢のような環境。AQUOS 4K NEXTの発売時(7月10日)には、専門店などでも映像を確認できるだろう。まずは、その次世代レベルの高精細映像をぜひ確認してみてほしい。

  AQUOS 4K NEXT
画面サイズ 80V型ワイド
画素数 3840×2160
サイズ 181.6×42.8×113.9cm
重量 59kg
チューナー 地デジ×3
BS/CSデジタル×3
視野角 176度
スピーカー出力 65W(10W+10W+10W+10W+25W)
3D対応
録画機能 ○(2番組同時録画対応)
無線LAN
ひかりTV 4K対応
Nextflix対応 ○(要アップデート)

編集部 ハッシー

 ASCII.jpでAV機器とデジカメを担当。所有するデジカメは「α7」など。日々取材に飛び回り、取材そっちのけで現場の風景を撮影する日々。好きな被写体はハンバーガーとお寿司と廃墟。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン