このページの本文へ

2015年を占う!SNSで人気のゲームタイトルランキング

2015年01月21日 13時07分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 2014年を振り返ると、無料ランキングに各種バナー、テレビCM、コラボなど、様々なところでスマホゲームを目にする機会がありました。SNSにフォーカスすると、FacebookADやTwitterADも、2013年に比べると大きく盛り上がっており、スマホゲームを目にしない日はなかったですね!※個人差はあると思いますが、汗

 そこで、2015年度アツくなるであろう、各タイトルのSNSアカウント(Facebookページ、Twitterアカウント)を調べてみました。今回はFacebookページ(以下、FBページ)とTwitterアカウントを例に、2014年12月某日のiOSセールスランキングを基に、100タイトルを対象とし、FBページ「いいね!」数、Twitterのツイート数、フォロー数、フォロワー数のTOP10を出しました!

Facebook「いいね!」

 対象タイトルのFBページのサマリです。

  • FBページ保有数:39タイトル
  • Facebok認証済アカウント数:7タイトル
  • FBページへの平均いいね数:3,189,734(6,314※海外パブリッシャのタイトルを除いた数

 それではTOP10の発表です!

01.png

Facebookページのいいね数TOP10

※1 スペースの関係上、一部タイトル名を省略致しております
※2 「LINEゲーム」として存在していたため1つにまとめております

世界でも人気な海外勢が上位を独占!

 国によってFBの利用率や重要性は異なるので、違って当然とは思いつつも、キャンディークラッシュのいいね数はすごいですね。また、FB認証済マークに注目すると、認証済タイトル全てが上位10タイトルにランクインしていました。

 グローバル展開しているタイトルで、各国毎にFBページを運用していないのであれば、FBページをグローバル対応させて認証済マークを得るのも良いかもしれません。ユーザに対して公式ページであるという認知が高まるのではないかと思われます。

 テラバトルはまだリリースして3か月弱ですが、着々といいね数を伸ばしており、なんとTOP10にランクイン! これからもいいね数の伸びに期待できそうです! テラバトルがんばれー!

ツイート数ランキング

 対象タイトルのTwitterアカウントのサマリです。

  • Twitterアカウント保有タイトル数 :72タイトル
  • Twitter認証済アカウント数:9タイトル
  • 平均ツイート数:1,967
  • 平均フォロー数:2,773
  • 平均フォロワー数:45,569
02.png

ツイート数TOP10

※1 スペースの関係上、一部タイトル名を省略致しております

「クラッシュオブクラン」が1位!

 JPアカウントということに注目です! @clashofclansのツイート数は5,400程度なので、JPチームが非常にTwitterを活用していることがわかります。そして、ヘイ・デイも9位にランクインしています。

2位は「消滅都市」!

 CM開始以降、セールス上位に定着している本タイトル! ツイート内容から、中の人が意識的に運用されているのが伝わってきます。内容も親近感があって面白いです!このツイート数のペースを考えると、結構大変かと思われます(^^;

4位の「単車の虎」にも注目!

 AppStoreやGooglePlayではリリースされてから丸3年が経過しようとしています。また、モバゲー版はもうすぐ丸4年、そして最近ではGREE版(FP/SP)がリリースされています。AppAnnieでセールスランキングを振り返ると、2014年10月から運用のギアを1段上げられたような印象です。

フォロー数ランキング

03.png

フォロー数TOP10

※1 スペースの関係上、一部タイトル名を省略致しております
※2 フォロー率=フォロー数÷フォロワー数

「ぷよぷよ!!クエスト」がダントツ1位!

 TwitterAD開始初期に、事前登録時から出稿されており、積極的にTwitterを活用されていた印象が強いタイトルです。ツイート数は800程度と多くはないのですが、フォロー率も高い数値であることから、もしかするとダイレクトメッセージ(以下、DM)を活用されているのかもしれません。公式アカウントからフォローされると、ちょっと嬉しいですね!

フォロー率はタイトルによって大きく異なる

 Twitterアカウント保有している72タイトルのフォロー率の内訳は、

  • 0%以上~5%未満:53タイトル
  • 5%以上~50%未満:10タイトル
  • 50%以上~:9タイトル

と、多くのアカウントでは、ほとんどフォローやリフォローをしていないことがわかりました。リフォローによって、もしユーザからのDMも対応しているとしたら、ツイートよりも運用が大変かもしれませんね(^^;

フォロワー数ランキング

 最後に、フォロワー数TOP10の発表です。

04.png

フォロワー数TOP10

※1 スペースの関係上、一部タイトル名を省略致しております

「パズドラ」と「モンスト」がダントツの2強!

 累計ダウンロード数(以下、累計DL数)を考えると、この結果は予想通りでしょうか(^^;

 3位以下も、セールスや累計DL数の規模に比例している傾向にありました。ただ、意外と公式サイトなどにTwitterアカウントへの導線がないタイトルが多くあった印象なので、フォロワー数に影響しているかもしれません。各タイトルの運用方針によって様々かとは思いますが…

最後に

 FacebookやTwitter以外にもさまざまなSNSやツールがあり、各社タイトル毎でのユーザとコミュニケーション方法があるかと思うので、上記でご紹介した数値だけがすべてではないと思っています。ただ、上記タイトルは、各タイトルや各担当者が積み上げてきたものであることには間違いなく、学べることも多いと感じたので、一度中を覗いてみると面白いかと思います!

 ちなみに運用自体は、各社統一されているというよりは、タイトル毎で色が出ているように感じました。2015年はこのような人間味のある施策の重要度がさらに増すだろうなと思っています。

この連載の記事

一覧へ
Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く