このページの本文へ

PCからスマホまで大ネタ揃い!? 2015 International CESレポート第11回

ThinkPad X1 Carbonなどレノボブースで新製品をチェック!

2015年01月08日 12時10分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 2015 International CES開催前に大量の製品を発表したレノボ。同社はCES会場の近くにプライベートブースを設け、製品を展示している。

ThinkPad X1 Carbon

薄さ17.7mmで最大10.9時間のバッテリー駆動が可能な「ThinkPad X1 Carbon」
薄さ17.7mmで最大10.9時間のバッテリー駆動が可能な「ThinkPad X1 Carbon」
ファンクションキーがセンサー式ではなく、物理キーに戻った タッチパットのボタンも3つになった
ファンクションキーがセンサー式ではなく、物理キーに戻ったタッチパットのボタンも3つになった
累計1億台目のThinkPadとなるX1 Carbonの実機。記念機として世界中をめぐるという 累計1億台目のThinkPadとなるX1 Carbonの実機。記念機として世界中をめぐるという

ThinkPad Yoga

従来の12型モデルに加え、14型モデルと15型モデルが登場
15型モデルはインテルのRealSense対応カメラを装備。顔を読み取って3D化し、即座に画面内の3Dモデルと合成できる
手の動きを読み取ってモーションによる操作も行なえる 手の動きを読み取ってモーションによる操作も行なえる

YOGA Tablet 2 with Windows

AnyPenテクノロジーを新たに採用した「YOGA Tablet 2 with Windows」
AnyPenテクノロジーを新たに採用した「YOGA Tablet 2 with Windows」
木の棒でも人参でも絵がかける。詳細は不明だが、感圧式ではなく静電容量式パネル+独自技術で実現しているとのこと

重ねて持ち運ぶ周辺機器群「ThinkPad Stack」

1TBのUSB HDDにBluetoothスピーカー、USBモバイルバッテリー、無線LANルーターがユニット化。無線LANルーターはUSB通信モジュールを接続することで4G通信などにも対応する 各モジュールには共通の接点がついており、どんな順番でも重ねることができる
1TBのUSB HDDにBluetoothスピーカー、USBモバイルバッテリー、無線LANルーターがユニット化。無線LANルーターはUSB通信モジュールを接続することで4G通信などにも対応する各モジュールには共通の接点がついており、どんな順番でも重ねることができる

スマートフォン「VIBE」用周辺機器

自動でスマホを動かしてカメラのアングルを変える「VIBE FieBot」 スマートウォッチも用意している
自動でスマホを動かしてカメラのアングルを変える「VIBE FieBot」スマートウォッチも用意している

カテゴリートップへ

この特集の記事