このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 第105回

GALAXY Note Edge、Xperia Z3、ZenFone、冬スマホを早速比較!

2014年11月03日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

金属っぽい外観だがマットな質感
ZenFone 5

 正面から見ると、ディスプレー下のデザインが同じASUSのノートPC「ZENBOOK」を彷彿させるギラギラとした輝きになっている。ホームボタン周りはタッチキーとなっている。

 背面は若干丸みがあり、大きめのスピーカーがある。デスクに置いた状態でもスピーカーがふさがらず聞こえやすい。レッドは背面全体が金属風に見えるが触るとマットな質感で滑りにくく、片手操作でも安心して使える。

メインのキーはタッチ型の専用タイプ。その下側はキラキラ光る加工が。背面は丸みが帯びている。プラスチックだが、マットな手触りで滑りにくい

 リアカバーは外れるが、ユーザーによるバッテリー交換は不可。SIMカードとmicroSDカードを装着できる。APN設定についてはSIMカードによって異なるかもしれないが、設定がプリセットされており、筆者が所有している日本通信やドコモのmopera Uと契約したSIMならば自動的に設定が変更されていた。いちいち入力する手間が不要で便利だ。

 右側面に電源ボタンと音量ボタンが配置。使い始めた当初は音量ボタンの下側の反応が悪いように感じたのだが、筆者の押し方の問題か慣れか、いつの間にか気にならなくなった。

microSIMやmicroUSBのスロットは背面カバーの下にあるが、バッテリーは交換できない。電源と音量の各キーはともに右側面に

 あとは上部にイヤホンジャック、下部にmicroUSB端子。どちらもキャップはない。


コスパと安心感に筆者が惹かれる
ZenFone 5がまず1勝

 今回はZenFone 5をまず勝利としたい。ワンセグやおサイフケータイといった国内向け機能が無いとはいえ、やっぱり圧倒的な安さは魅力。それと背面の質感がかなり気に入っている。筆者は片手操作が多いので、どうしても大画面のスマホは落としそうで不安なのだが、ZenFoneなら安心して使えそうだ。

 そういう意味ではGALAXY Note Edgeも背面と曲面部分もあって、片手操作にプラスになりそうだが、プレミアムモデルということもあって、正直なところ高価なのがマイナス点となった。

 大画面大好き、両手操作でOKという人ならXperia Z3でも心配はいらない。キャリアによる端末価格もGALAXY Note Edgeよりも安価に設定されており、機能面でも防水・防塵を含めてほぼ網羅し、一番欠点が少ない端末に感じる。

 とはいえ、これらはスペック表や外観からの評価。では実際に使ってみるとどうなるだろうか? というわけで、次回はスピード比較を予定している。滑りやすい? 大画面は不利? そのあたりも紹介予定なので購入の参考にしてほしい。


■関連サイト

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン