このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

本当に高音質!? 最新スマホでハイレゾ音源を楽しむ! 第4回

Xperia Z3と最新ポタアン5台を接続して音をチェック!

2014年11月22日 12時00分更新

文● 海上 忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前回は最新スマートフォンとUSB DACの接続検証を行なった。その結果、いくつかのスマートフォンでは接続し、再生まで可能であった。

 そこで今回は検証に使用した最新USB DACの音質について紹介していく。なお、試聴は多くのUSB DACと接続が可能だったXperia Z3との組み合わせを基本としている。

 改めて注意してほしいのは、スマートフォンおよびUSB DACは一部を除き、お互いの接続を正式にサポートしていないこと。結果についてはメーカーや販売店などは把握しておらず、筆者、編集部も含め問い合わせなどには対応できない。各種スマートフォンとUSB DACの接続を行なう場合は自己責任となる。

 また、一部機種についてはiPhone 6(カメラコネクションキット使用)と組み合わせているので、了解いただきたい。

カバンや服のポケットに装着できる
小型ポタアンDeef「DDA-LA20RC」

「Deef DDA-LA20RC」

「Deef DDA-LA20RC」

 「Deef DDA-LA20RC」(実売価格1万6000円前後)は金属製のバッジのような外観を持つポタアン。先行発売されていた「DDA-A20RC」(USB-OTGを利用したAndroid端末との接続が可能)に機能を追加し、iOSデバイスとLightningケーブル1本でハイレゾ出力可能になったことがポイント。

 カメラコネクションキットは不要で、最大96kHz/24bitのハイレゾ音源を本機だけで再生できるのだ。

 ガジェットとしての魅力もある。ボディーには鍛造製法によるアルミ合金を採用し、削り出しでは得がたい質感を醸し出す。

背面にクリップを装備。服のポケットなどに付けられる

背面にクリップを装備。服のポケットなどに付けられる

本体上部にイヤフォン端子、下部にmicroUSB端子を装備

本体上部にイヤフォン端子、下部にmicroUSB端子を装備

 サイズは500円玉大の幅45.5×奥行き45.6×高さ13.3mm、重量は24gと適度で、裏面に用意されたクリップにより服やカバンへの取り付けも容易だ。USBバスパワーで動作するため、アクセサリー感覚で利用できる。

見た目からの先入観を裏切る音質

 その音だが、カッチリ締まった低域と伸びやかな高域のバランスが印象的。Xperia Z3と接続したときの96kHz/24bitハイレゾ再生では輪郭が鋭い音像を描き出し、物量に乏しいなりの音だろうという先入観を軽く裏切ってくれた。

 それなりにスマートフォン側のバッテリーも消費するが、それを補ってあまりある愉しみを与えてくれることだろう。

(次ページに続く、「オンキヨー「DAC-HA200」とXperia Z3を接続してみた」)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン