このページの本文へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 第105回

GALAXY Note Edge、Xperia Z3、ZenFone、冬スマホを早速比較!

2014年11月03日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

料金ではZenFone 5が
楽天モバイルを使う想定で圧勝

 料金比較では2年間のトータルコストを比べる。端末価格は税込、毎月の使用料は税抜で計算している。そのためZenFone 5の端末代は2万8512円とした。GALAXYとXperiaは各オンラインショップでの価格を参考にしている。

 またZenFone 5は「楽天モバイル」が格安の音声通話付きSIMとのセット販売を発表したので、この2.1GBプランでの契約を想定した。

  ドコモ
「GALAXY Note
Edge SC-01G」
au
「Xperia Z3
SOL26」
「ZenFone 5
A500KL」
新規契約
(一括/実質)
9万3312円/
6万8688円
7万9920円/
3万2400円
2万7012円
機種変更
(一括/実質)
9万3312円/
6万8688円
7万9920円/
3万2400円
ガラケーからの機種変更(一括/実質) 9万3312円/
5万8320円
7万9920円/
3万2400円
MNP
(一括/実質)
9万3312円/
2万4624円
7万9920円/
0円
2万7012円
基本使用料 カケホーダイプラン 電話カケ放題プラン 2.1GBプラン
2700円 2700円 1600円
通話料 (音声定額) (音声定額) 20円/30秒
Web接続 spモード LTE NET (上に含まれる)
300円 300円
パケット定額 データSパック データ定額2 (上に含まれる)
3500円 3500円
2年間トータルコスト 18万624円
(MNP)
15万6000円
(MNP)
6万5412円

 これはZenFone 5がやはり安い。“2年間で6万円台”というのは破格に感じる。本体の価格も一括で2万円台、そしてMVNOの楽天モバイルと組み合わせれば、通話定額は無いとはいえ月1600円で使えるのは大きい。通話料も「楽天でんわ」を使えば、10円/30秒に抑えられるので、ネット中心という人には最適だろう。

 また、楽天モバイルとの契約の場合は(ただし楽天モバイル版のZenFone 5は内蔵ストレージが8GB)、楽天スーパーポイント1500円分が付与されるのでこれも本体代から引いている。

 一方、キャリアの2機種は新料金プランとの契約を想定したが、正直高めだ。ただしauのXperia Z3は、MNPなら実質0円になるのでオトク感がある。ドコモのGALAXY Note Edgeはそもそも一括なら9万円台と非常に高価で、MNPなら実質2万円台になるものの、新規/機種変更だと実質でも5~6万円台とサイフには痛い。

 ただしドコモは、過去にドコモを使っていた回線で再度MNPで戻ってきた場合は、当時のドコモポイント分が還元される「カムバックボーナス」があり、サムスンのスマートウォッチ「Gear」を購入すると、これも割引がある。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン