このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

マイクロソフト・トゥディ 第117回

前年比5倍以上の販売実績を目指す「Microsoft Dynamics CRM Online」

2014年10月31日 11時00分更新

文● 大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マイクロソフトは、「モバイルファースト、クラウドファースト」を打ち出している。特に、日本マイクロソフトは今年度の重点施策として「クラウド強化」を掲げており、製品強化や体制強化だけでなくクラウド拡販に向けたパートナー支援策強化にも力を注いでいる。

 現在日本マイクロソフトでは、クラウド製品群としてプラットフォームサービスの「Microsoft Azure」、業務効率化アプリケーションの「Office 365」、CRMおよびERP製品群の「Microsoft Dynamics CRM Online」の3つのサービスを用意している。

クラウド製品群としてプラットフォームサービスの「Microsoft Azure」、業務効率化アプリケーションの「Office 365」、CRMおよびERP製品群の「Microsoft Dynamics CRM Online」の3つのサービスを用意。日本マイクロソフトの樋口泰行社長は、これを「クラウド三兄弟」と呼び、それぞれの事業拡大を成長の柱に据える

 日本マイクロソフトの樋口泰行社長は、これを「クラウド三兄弟」と呼び、それぞれの事業拡大を成長の柱に据える。

「Microsoft Dynamics CRM Online」は
まさにこれからが勝負

 その三兄弟の動きをみると、Microsoft Azureは今年2月に国内にデータセンターを開設し、これまでAzureを見送っていた企業や官公庁などにもアプローチ。前年比50%増という実績を達成している。

 また、Office 365は前年比2倍以上という導入実績を持ち、日経225の企業の60%が導入。教育分野においては100以上の大学で170万人が利用。教育分野ではGoogle Appsを抜いたという。

 これに対して、Microsoft Dynamics CRM Onlineは、まさにこれからが勝負。樋口社長も、「今年はとくにMicrosoft Dynamics CRM Onlineに力を注ぐ」と、クラウド三兄弟の末っ子ともいえるDynamics強化に取り組む姿勢をみせる。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン