このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

マイクロソフト・トゥディ 第116回

マイクロソフトとセールスフォース - 選択肢を広げる競合と協業

2014年10月23日 11時00分更新

文● 大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米マイクロソフト サティア・ナデラ(Satya Nadella)CEO(写真左)、米セールスフォース・ドットコム マーク・ベニオフ(Marc Benioff)会長兼CEO(写真右)

 米マイクロソフトは、米セールスフォース・ドットコムは、今年5月に発表した両社の戦略パートナーシップをさらに前進させ、「Salesforce1 for Windows」「Salesforce for Office」を発表。またSalesforceとの統合を実現する「Power BI for Office 365/Excel」インテグレーションを含む共同ソリューションを発表した。

 米セールスフォース・ドットコムが、世界最大のソフトウェアカンファレンス「Dreamforce 2014」を開催。その初日、米セールスフォース・ドットコムのマーク・ベニオフ(Marc Benioff)会長兼CEOと、米マイクロソフト マーケティング担当バイスプレジデントのトニー・プロフェット(Tony Prophet)氏が登壇し、新たな提携内容について説明した。

米セールスフォース・ドットコムのマーク・ベニオフ(Marc Benioff)会長兼CEO(写真左)と、米マイクロソフト マーケティング担当バイスプレジデントのトニー・プロフェット(Tony Prophet)氏(写真右)

 Salesforce1 for Windowsは、Windows 8.1デバイスからInternet Explorer を通じてSalesforce 1へのアクセスを可能とする製品で、2015年後半には一般提供を開始する。Salesforce for Officeでは、コラボレーション、営業、サービス提供、マーケティングに必要なコンテンツに対して、どこからでもアクセスして利用できる。

 Salesforce Filesは、Microsoft SharePointのファイルにアクセスし、モバイル環境とソーシャル環境の両方を通じて、あらゆるSalesforceのビジネスプロセスにおいて活用できるという。またSalesforce1とMicrosoft Office、SharePoint、OneDrive for Businessを統合利用できるようにしたことで、文書をシームレスに開き、編集・保存できる。2015年前半に一般提供開始の予定だ。

 さらにSalesforce1 App for Outlookでは、Outlook環境からSalesforceの情報へと直接アクセスして、管理が可能。これも2015年前半から一般提供を開始する予定だ。

 そのほか、Power BI for Office 365/ExcelとSalesforceの統合利用を可能としたことで、SalesforceおよびExcelのデータを双方向で利用できる上、レポートの作成、情報のビジュアル化、新しい知見の発見が可能になるという。これらも2015年前半から2015年後半にかけて提供される予定だ。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン