このページの本文へ

App Storeでブーストの成功率を上げる「段取り」まとめ

2014年10月14日 13時29分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 今回はApp Store(iOS)でブーストを仕掛ける際の注意点をまとめます。知っている人も多いと思いますが、App Storeでのブーストは一発勝負。ブーストを仕掛けた時は、ランキング更新のタイミングをドキドキしながら待つことになります。広告主からすると、広告代理店が何ドキドキしてるんだ!ってお話なので、このドキドキをいかに減らすか、についてまとめます。

少しおさらい

 App Storeのランキングは3時間おきに更新されますが、特に19:00の更新のタイミングを狙うのがもっとも重要です。19:00を狙うというのはDL数が高く、自然流入も最も見込める時間だからです。

 App Storeのランキングロジックは、直近3時間のDL数が最も重要なため、19:00にランキングをあげる場合は、16:00-19:00のDL数を最大化する必要があります。その3時間でのDL数がライバルアプリよりも多ければ、ランキングがあがる可能性が飛躍的に高まるのです。

何よりも情報収集

 ブーストを仕掛ける時は、情報収集が非常に重要です。事前に不安要素を潰すには、情報収集をするしかありません。重要なのは下記の2点です。

ライバルアプリのブースト動向

 同タイミングでブーストを仕掛けた場合、ブースト件数の多い方がランキングがあがる可能性が高いです。そのため、ライバルアプリのブースト動向には注意しなければなりません。仮に6万件のブーストをしかけても、ライバルが8万件であれば負けてしまいます。

 ライバルアプリの動向に関しては、媒体社に尋ねる・リワード媒体を目視で確認するなど方法はいくつかあります。

自然流入数の確認

 先にも書きましたが、App Storeでは直近3時間のDL数が、ランキングに大きな影響を与えます。このDL数はブーストの件数だけではなく、もちろん自然流入数も含まれます。ライバルアプリのブーストがなくても、ライバルアプリへの自然流入数を超えなければブーストは成功しません。ライバルアプリの自然流入が何件なのかにも、注意が必要です。

 自然流入の件数については、以前「iOSのリワード広告は、アプリの種類によって狙うべきランキングを変えるべし!」で説明しているので是非ご覧ください。記事の説明は平均値なので、アプリタイトルによって大きく異なります。ブーストにも負けず常に上位にいるアプリがいたら要注意です。

 難しいのはカテゴリブーストです。カテゴリによって自然流入数が大きく異なるため、ライバルアプリのブーストがなくても予測は難しいです。カテゴリ上位のアプリが一体何件自然流入を得ているのかを知るために、無料ランキングを調べることをおすすめします。例えば、フードカテゴリ1位で無料ランキング100位の場合、大体1,000件程度かな、と想定が可能です。

 ライバルアプリのブースト動向と自然流入数の情報収集が完了したら、実際に何件ブーストするのか決定して、ランキング更新の結果を待ちましょう。

残念ながら失敗したら…

 どれだけ情報収集をしても、想定通りにいかないことは多々あります。

 残念ながら失敗してしまった時は、ブーストを無駄に終わらせないためにも、次の手を打つ必要があります。19:00に狙った順位に届かなかったとしても、次の更新は22:00にあります。追加でブーストを仕掛けることで、22:00のタイミングでランキングをあげられます。22:00を狙うアプリは19:00と比較すると少ないため、難易度はさがります

 22:00に確実にランキングをあげるためにも、事前にシミュレーションしておくことをおすすめします。例えば19:00のタイミングでファーストビューを狙って16:00-19:00に40,000件のブーストをしかけるとしましょう。その時に事前に下記の2プランを立てておけると、慌てずに済みます。

  1. 19:00の時点で1-5位の場合 ⇒ 追加ブーストなし
  2. 19:00の時点で6位以下の場合 ⇒ 19:00-22:00の間に10,000件追加ブーストし、22:00のタイミングで1-5位を狙う

 こんな感じでシミュレーションします。媒体社にも事前に上記のような形で発注しておけば、スムーズにリカバリーができます。

その他

 今回は、何件ブーストすればいいのか、失敗した時はどうしたらいいのか、のみに焦点を当てましたが、実際はもっと大変です。媒体社への発注デッドは何時か、5回目のブーストだが完全に消化できるのか、発注単価は適正か、そもそも疎通テストがうまくいってない…、など。

 ブーストは何よりも情報です。情報を事前に仕入れ、リスクを可能な限り低くしたうえで、ランキング上位を狙いましょう。ブーストはギャンブル性が非常に高いように思われがちですが、確実なものに近づけることが可能なのです。非常に大変な分、狙った順位を獲得できた時の喜びもひとしおです。ブーストに興味のある方がいらっしゃいましたら、是非弊社までお声掛け下さい!

この連載の記事

一覧へ
Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く