このページの本文へ

「鬼マヨ」に懲りず、再びやりすぎてしまったエースコック

エースコック、今度は激辛スパイスを入れすぎた「EDGE 鬼辛焼そば」

2014年04月23日 14時10分更新

文● アスキー・ジャンク部リターンズ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

大量のスパイスがぶっかけられた「EDGE 鬼辛焼そば」。パッケージには「驚き&やりすぎ」の文字が

 エースコックは4月23日、「EDGE 鬼辛焼そば」を発表した。5月12日より全国で発売する。価格は216円(本体価格200円)。

 今年1月に「EDGE 鬼マヨ焼そば」でやりすぎてしまったエースコック(関連記事)が、「EDGE」ブランドのやりすぎ商品第2弾として市場に投入するのがこの「鬼辛焼そば」だ。インパクト抜群のパッケージを見ていただければ分かる通り、大量のスパイスで仕上げるのが特徴だという。

 「鬼マヨ焼そば」は、SNSやインターネット、動画サイト上にて大きな話題を喚起したそうで、今回も大きな反響が予想される。激辛を超えた「鬼辛」の焼きそばがどれほどのものなのか、今から期待は膨らむばかりだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ