このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2013レポート特集 第7回

人気PCケースの最新作「CM 690 III」を披露したCoolerMaster

2013年06月05日 00時13分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 COMPUTEX TAIPEI 2013の本番もいよいよ本日開幕。さっそく南港展覧館を訪れた取材班だが、会場入り口のすぐ近くにブースを構えるクーラーマスターで、早くも大注目のPCケースを発見した。

会場入り口のすぐ近くにブースを構えるクーラーマスター

ついにお披露目
「CM 690 III」が間もなく登場

ついにきた。PCケースのド定番として、超ロングセラーとなっている「CM 690」の最新作「CM 690 III」。今年秋の出荷が予定されている

 ATXミドルタワーPCケースのド定番として、超ロングセラーとなっている「CM 690」シリーズ。現在は2代目(バリエーションモデルも多数あるが)「CM 690 II Plus」が販売中だが、ついに正統後継モデルの「CM 690 III」が登場。ブースに展示されているのを確認した。担当者によると日本での発売は9月頃の予定で、予価は現在の「CM 690」シリーズとほぼ同等(為替による影響の可能性はあり)とのこと。

内部の様子。シャドウベイは2.5インチ幅と3.5インチ幅がワンタッチで変更できる秀逸のギミック。このあたりはさすが

 人気モデルだけにアグレッシブなデザイン変更ができないようだが、ポイントはオールインワンタイプの水冷クーラーに対応した点。通常は200mmファンを装着しているというフロントとトップ(200mファンはオプション)には240mmサイズのラジエターを搭載可能に。さらに横幅を広げ裏配線スペースを確保するなど、流行りのギミックを取り入れた格好だ。
 全体サイズは230(W)×502(D)×507(H)mm。ベイ数は5インチ×3、3.5インチシャドウ×7、2.5インチシャドウ×10という構成。カバーが取り付けられたフロントトップにはアクセスポートとしてUSB 3.0×2やUSB 2.0×2、音声入出力端子を備えている。

「COSMOS」の弟分「COSMOS SE」も準備中

開発コードネーム“COSMOS MINI”こと「COSMOS SE」。MINIのほうがしっくりくるような気もするが、それはさておき注目度は高い製品と言えるだろう

 もうひとつ注目のケースが「COSMOS SE」だ。Extended ATXやXL-ATX、SSI EEB、SSI CEBといったビッグサイズのマザーボードもすっぽりマウント可能な巨大フルタワーケース「COSMOS」の小型モデルとなる製品。小型と言っても前述の「CM 690 III」よりやや大きいといったところで、十分なサイズのケースとなっている。こちらは秋ごろの発売を目指して、現在も鋭意開発中という。

内部もご覧の通り広々。ハイエンドユースにもこたえる構成が可能だ

【関連サイト】

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中