このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

速くて便利! 実測でわかるモバイルデータ通信第38回

月額約1000円からのLTE! 春のデータSIM入門

2013年04月11日 12時00分更新

文● 正田拓也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
現在、格安で利用できるSIMはいずれもドコモの回線で、ドコモ印のSIMが提供される
現在、格安で利用できるSIMはいずれもドコモの回線で、ドコモ印のSIMが提供される

 普段は速さばかりを取り上げているこの連載も、今回は安さを比べてみたい。昨年から安さを強調したデータプランが「MVNO」(仮想移動体通信事業者)各社から多く登場しているが、この春も新サービスが登場。制限は多いものの月額1000円以下でも高速にデータ通信ができるようになってきた。

 そこで、現在提供中のサービスから、格安かつ十分なコストパフォーマンスを備えているものを選び、特徴をまとめてみた。いずれもNTTドコモの回線を使ったMVNOなので、ドコモのモバイルルーター、スマートフォン、タブレットで利用できる。

月額980円で高速通信が可能な
「OCN モバイル エントリー d LTE 980」

 プロバイダーとしては後ろ盾が最強と思えるOCNから、LTE対応で月額980円の「OCN モバイル エントリー d LTE 980」が登場した。月額料金以外にかかる費用は初期費用の3150円で長期契約などの必要なし、いつでもやめられる。

 制限は1日のデータ通信量が30MBまでということ。といっても30MBでプッツリ止まるのではなく、それ以上はデータ通信速度が100kbpsに制限される。制限の解除は毎日夜中の0時となる。

 毎日、必ず外出して使い切る場合でなければ、無駄が多いと思う反面、月間1GBなどというプランに対して、月のはじめで使いきってしまうという問題を回避できる。

 とにかく、安いため、メインに利用するというよりは、普段はモバイルルーターと併用しているタブレットやスマートフォンを、単体でも利用する場合も想定して予備的に使う場合もいいだろう。ただ、1日30MBはあまりに少ないので、あまり大きな期待はしないほうがよいだろう。

月額1974円で月間1GB!
速度制限時のスピードが高速化したIIJmio

IIJmioのSIM。ドコモ印のSIMだが、IIJmioのアカウント情報が付属して提供される IIJmioのSIM。ドコモ印のSIMだが、IIJmioのアカウント情報が付属して提供される

 プロバイダーの老舗中の老舗が格安で参入したことでも話題になったIIJmioの「高速モバイル/D」。LTE通信が可能で、月間データ通信量が1GBで月額2940円という価格はそれほど安いわけではない。ただし、最大3枚のSIMでシェアできる「ファミリーシェアプラン」は話題になり、使っている人も多いはず。SIMが1枚でよければ月額1974円で月間1GBの「ライトスタートプラン」も選べる。

 このサービスも4月から少しだがサービスが拡充している。通信量の制限を超えれば低速に速度制限されることに変わりはないが、高速通信をするかしないかモードの切り替えが可能となり、速度が必要ないときは低速サービスを使うことで、1GBの高速通信の権利をいざというときまで温存できる。また、1GBの容量も翌月まで繰り越せるようになった。

 その上、低速に制限される速度は、従来は128kbpsだったものが200kbpsへと少しだけ高速化され、低速モードでの実用性が上がっている。そして、月額945円で128kbps制限だった「ミニマムスタートプラン」も200kbpsへと増速され、実用性が若干向上した。

 945円のミニマムスタートプランは、追加料金を払う(追加クーポンを購入。100MBで525円)ことで、高速通信の容量を増やすことができるため、予備回線としても検討の価値がある。

 ただ、1000円以下にこだわるならば、OCNのプランのほうが追加料金ナシで多少なりとも高速通信ができる点でいいかもしれない。

3G通信だけど月額490円の「ServersMan SIM 3G 100」

 本当の予備回線なら、次に挙げるさらに安いサービスもある。

 プロバイダーのDTIは、月額490円の「ServersMan SIM 3G 100」を提供中。通信速度は100kbpsで、追加料金を払うことで263円あたり100MBの高速通信ができる。

 LTEでなく3Gのサービスとなるため、LTE対応モバイルルーターやスマートフォンは、LTEをオフにするモードを持っていない限り使えない。オフにできる機種は少ないため、LTE対応の、つまりXiタブレットやXiスマートフォンでは使えないことがほとんどということになる。

 ただ、圧倒的な安さは武器になる。ドコモのFOMA対応スマートフォンに挿せば、普段は家や公衆無線LANで使い、それ以外の場所ではメール受信や経路検索アプリで時刻表を確認する程度なら、回線がないよりもずっと便利。

 なお、月額料金は490円で最低利用期間もないが、ほかのサービスと同様、利用開始時に初期手数料として3150円がかかる。

記事掲載当初、追加の高速通信について「263円あたり1MB」との記載がありましたが、正しくは「100MB」です。お詫びして訂正いたします(2013年4月12日)

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン