このページの本文へ

最新スマホも続々登場! Mobile World Congress 2013レポ第8回

本当にそのままのデザインで大きくなった!

MWC会場からお届け! 写真ですぐわかる「GALAXY Note 8.0」

2013年02月26日 12時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サムスン電子が、MWC2013開幕直前に発表した新型タブレット「GALAXY Note 8.0」。中型サイズのタブレットでありながら、これまでのGALAXY Tabではなく、GALAXY Noteのブランドで展開する。Sペンによるペン操作も特徴的だが、実物はどうなのか。MWC会場でしつこく触ってきたので、写真中心にお届けしよう。

思った以上に大きい? GALAXY Noteのデザインそのままで大きくなった印象だ
ホームキーは物理キーである
本体下部の端子はGALAXY Tabのタイプではなく、通常のmicroUSB
ペンを下部から取り出すのもこれまでのGALAXT Noteシリーズと共通
この専用カバーは閉じると自動的にスリープ、開くとスリープ解除になる便利なものBluetoothキーボードと合わせればノートPCライクに使うことができる
こちらはモバイルバッテリー。9000mAhの大容量なので、GALAXY Note 8.0を約2回フル充電することができる
こちらは別売りオプションとなる新型のSペン。普通のボールペンのように太い。BluetoothでGALAXY Note 8.0と連動して使うことができる

  GALAXY Note 8.0 GALAXY Tab 7.7
Plus(参考)
ディスプレー 8型液晶 7.7型有機EL
画面解像度 1280×800ドット 1280×800ドット
サイズ 210.8×135.9×-mm 197×133×7.9mm
重量 338g 344g
CPU 1.6GHz(A9)
(クアッドコア)
APQ8060 1.5GHz
(デュアルコア)
メモリー容量 ROM:16 or 32GB/RAM:2GB ROM:32GB/RAM:1GB
OS Android 4.1.2 Android 4.0
バッテリー容量 4600mAh 5100mAh

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン