このページの本文へ

最新スマホも続々登場! Mobile World Congress 2013レポ第24回

世界と戦う大和魂! MWCに参加の日本ブース

2013年03月08日 12時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本の企業もブース出展!
世界に誇る日本のワザを披露!

 通信業界の祭典「Mobile World Congress」(MWC)。出展者はほとんどが海外メーカーだが、日本のメーカーだって独自のテクノロジーやプロダクトなどで存在感をアピールしていた。今回のMWCレポは、そんな日本メーカーブースの様子を紹介しよう。

日本のスマホやしゃべってコンシェルなどを展示
NTTドコモ

ドコモブースではとくに新しい情報などはなかったが、日本でリリースされた春モデルと、海外向けにアレンジされた各コンシェル系サービス、ビジネス向けのソリューションなどが展示され、とくに翻訳サービスは多くの注目を集めていた

サプライの雄が世界に初進出!
エレコム

今回初出展を決めたエレコム。日本で生まれたサプライたちを展示していた。やはりスマホケースが人気のようだ
参考出展されていたユニークな充電器。Lightningコネクター専用だが、充電のために差し込むとネコやイヌ、猿などが反応してコミカルだ

らくらくスマホは海外で受け入れられるのか?
富士通

らくらくスマホのグローバルモデルを投入してきた富士通。同社の商品企画・プロモーション担当の松村孝宏氏(写真左)に話を聞いたところ「らくらくスマホは海外の人たちにスルーされるかと思いきや大反響でした。おそらくグローバル端末でシニア層をターゲットにしたものがないというのも影響してるかもしれません。あと変わったモノに飢えているのでしょう」と分析した。
グローバルモデルは操作性は日本モデルと同じだが、Googleのサービスがすべて使える。要するにUIがらくらくスマホで、中身はAndroid端末なのだ
タッチしたあとに押し込むという、ボタン操作をしているかのような操作性に、海外メディアたちの多くが衝撃を受けていたようだ。ずっといじっている人もちらほら見かけた

アメリカで話題のタフネススマホを展示!
京セラ

日本ではHONEY BEEやDIGNOシリーズなどをリリースしている京セラは、アメリカでは一定のシェアを確保している。そんなアメリカ市場向けのごっついスマホ「Torque」(トルク)を展示していた。いわゆるラグドフォンで防水防塵はもちろん対応。また、京セラ謹製のスマートソニックレシーバーを搭載しているので、ヘルメットなどの上からでも音声を聞くことができる
NECカシオのG'z ONEシリーズかそれ以上の堅牢性を誇るこれは北米ではまだ利用者の多いプッシュトゥートークボタン
サイズは約68.4×128.5×12.9mm、重さは168.5g。さすがにズッシリくる重量感だ
4G LTEに対応しており、4型のWVGAディスプレーを搭載する。もちろん耐傷・耐衝撃対応
これだけ水に浸かっても動くぞ! というデモンストレーション日本でも女性を中心に人気のHONEY BEE。やはり女性のウケが良かったそうだ。KAWAIIは世界共通?

やはりここでも2画面スマホが大人気!
NECカシオ

大勢のメディアが集中しすぎて、端末の奪い合いになっていたのが、NECカシオのブース。注目の端末は日本でも話題になった2画面スマホ「MEDIAS W」のグローバルモデル。この赤はグローバルモデルだけとのことだが、ぜひ日本でもこのカラバリを!
日本版にはない機能がジェスチャーでシャッターを切るモード。画面の丸いところをなぞると、シャッターが切れる。手ぶれ防止に役立つヨーロッパ圏では日本のマンガが人気あるようで、このワンピースコラボモデルも問い合わせが殺到だったとか

ビッグデータ解析を披露!
日立データシステムズ

主にビジネス向けのソリューションを展示していた日立データシステムズのブースなんとお昼限定で本物の職人がSUSHIを振る舞っていた! なお手前に写っている人は職人ではありません

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン