このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

2年連続の女王戴冠なるか? 5年目のミクGTプロジェクト 第34回

でちゃうアストンはレギュレーション違反でタイム抹消に

鈴鹿の予選はまさかの繰り上げ! ミクZ4が3位、Mirai Z4が10位に!

2012年08月19日 08時01分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部 写真●鉄谷康博、加藤公丸

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

まさかの結末! ミクZ3は3番手にアップ!

 予選3回目。ミクZ4をドライブするのは谷口選手。風邪を引いていると言いながらも、アタックに入った途端なんと「2'02.987」と2秒台を叩きだした。さすがエースである。「風邪の影響はキツイけど、今回はタイヤがとてもいい。決勝もこのままなら今回はかなりイケる」とコメント。片岡選手も「今回は最低でも1位、最高でも1位」と、すでに視線はポディウムの頂点しか見ていない。

 だが、速かったのはミクZ4だけではなかった。でちゃうアストンが鈴鹿のコースレコード(GT300クラス)を更新したと思ったら、今度は無限CR-Zが塗り替え、ダメ押しででちゃうアストンがコースレコードを上書きした。でちゃうアストンがポール、無限CR-Zが2位、前回優勝したNDDP GT-Rも2秒台を出して3位、そしてミクZ4は4位という暫定結果になった。谷口選手は「2秒台出した時点で満足してピットに戻ったけど、アストンとCR-Zは別格だね。当初はもっと下の順位を想定してたから、4位というのはうれしい誤算。戦略の幅も広がるし、1000kmの長いレースとはいえ、4番手からスタートできるのは大きなマージンだよ」と語った。

 この結果を大橋監督は「まずタイヤが良かった。ECUをいじったり、いろいろとマシンのセッティングも変えてそれも良くなったんだけど、やっぱり最終的にはタイヤだった。とはいえ、決勝レースではポルシェ勢が手強いでしょうね。ミクZ4も2周目くらいに抜かれちゃうかもしれない。でも、1000kmあるので、ピットストップのタイミングだとかタイヤ交換を減らしたりといった作戦で、周りに差を付けたいね」と冷静に分析した。

 MiraiZ4について右京監督は「今日は練習走行がトラブルで満足に走れなかったし、ノックアウト予選も2回目で終わっちゃったから、ロング(長距離)のデータがまったくないのが懸念事項だね。明日、ロングについてはぶっつけ本番でその都度インフォメーションを聞いて臨機応変に対応していくしかないでしょう。でもドライバーがふたりとも調子いいので、頑張ってもらおう」と明るくコメント。

 さあ、日曜の決勝はミクZ4が4番グリッドから、Mirai Z4は11番グリッドからスタートだ! と思っていた矢先、またもやドラマが生まれる。なんと、ぶっちぎりのポールポジションだったでちゃうアストンが、燃料タンクのレギューレーション違反により、予選タイム抹消となってしまい、最後尾になったのだ。これにより、全車ひとつづつ順位が上がった。したがって、ミクZ4は3番手、Mirai Z4は10番手からのスタートになる。なお、コースレコードも無限CR-Zのものが残り、同車が参戦2戦目にしてポールポジションを獲得した。

 さあ、いよいよ何かが起きるPokka 1000kmの決勝レースだ。走るほうも応援するほうも文字通りの耐久レースだが、特に応援する側は熱中症対策、日焼け対策を万全にして挑もう! 決勝結果は午後6時過ぎに判明する予定だ。


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ