このページの本文へ

スマホの機能を徹底チェック 最強スマホ&サービスはコレ! 第25回

ケータイの公式サイトのサービスをスマホに移す方法を見る

2011年12月12日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ドコモはiモード解約前に各サイトをチェック

 さて、ドコモでのコンテンツの移動方法だが、まずは事前の設定が必要だ。iモードケータイではiモードのマイメニューに登録した公式サイトを移行できるようになっている。

ドコモはiメニュー内の「マイメニュー」をそのままdメニューに移行してくれる

 スマートフォンでもdメニューにマイメニューが用意されており、サイトによっては何の設定もしなくても自動的にコンテンツの移動ができる。しかしそうではないサイトも多くある。そのため重要なのが「機種変更前にiモードの各公式サイトで機種変更の設定をする」ことだ。

 また、コンテンツを移動には「iモードの解約」が必要である。ケータイからスマートフォンに機種変更した場合、しばらくはSIMカードを入れ替えてケータイを使う機会もあるだろうと、「iモードとspモードの両方」に加入している人も少なくないだろうが、コンテンツを移行するにはiモードを解約する必要がある。なので、あらかじめiモードのコンテンツ側で機種変更の設定をしておかないといけないのだ。

 次にiモードのサイトでどんな設定を行なうか。各サイトで内容が違うため、ここでは代表的なサイトをいくつかピックアップしてみた。

1.「AD乗換案内」

 ジョルダンが提供している無料の乗換案内コンテンツだ。スマートフォンの引き継ぎ先は「乗換案内NEXT」(無料版)になる。docomoIDでログイン可能。AD乗換案内で履歴設定を有効にしている場合はMyルート、Myポイントがスマートフォン側にそのまま移行できる。

2.「レコチョクフル」

 dメニューの登場以前から、アプリが提供されており、方法はそのまま変わらない。iモード端末で登録した「クラブレコチョクID」を用いて、Android用アプリ「レコチョク」でログインすればOK。ポイントもそのまま移行できる。もともとiモード上でも月会費は無料で、楽曲ごとに代金を支払う仕組み。ただし、楽曲は移行できない

乗換案内NEXTではiモード版で設定していたルートなどをそのまま移行可能。レコチョクはポイントが移行できるだけ

3.「music.jpフル」

 月額制の音楽サービス。有料コースに登録するともらえるコインを使って楽曲を購入する仕組みだ。特に設定は不要で、そのままスマートフォンのマイメニューに登録される。ここで「コインの引き継ぎ」が可能。docomoIDを使ってログインが可能だ。レコチョク同様、楽曲を移行できない。

4.「男のデコメ」

 メールをデコレーションする素材を購入できるサイト。月291円。デコレーション素材はポイントで購入する。スマートフォンでは「デココレ/男のデコメ200」に引き継ぐことになる。こちらは月210円となる。ちょっと安くなった。docomoIDでログインするだけなので引き継ぎも簡単。ケータイのポイントも引き継いでいる。

やはりポイントが移行できるのがメインのようだ

5.「ナムコゲームス」

 ゲームアプリを購入できるサイト。個別課金と月額制があるが、月315円のコースに登録した。NPというポイントでアプリを買う。スマートフォンでは同じく月315円。ただしNPの引き継ぎは不可。個別課金のポイントも消滅する。今回テストしたGALAXY S II LTEは新製品のせいか非対応のようで、退会するよう促されてしまった。

6.「電子書店パピレス」

 ケータイではマイメニューへの登録は無料で、サービス内でポイントを買って、そのポイントを使って書籍を買う。スマートフォンでは「電子貸本Renta!」へ移るが、dメニューのマイメニューには表示されない。

 電子書籍のデータ自体は移せないのだが「過去の購入件数に応じて最大3000円分のチケットをプレゼント」「ポイントを電子貸本Renta!のチケットに変換」といったサービスが用意されている。このチケットのおかげですべてがムダになるわけではない。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン