このページの本文へ

日立システムズのSaaS型サービスが機能強化

クラウド監視「App Bridge Monitor」がSQL Azureに対応

2011年10月24日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月21日、日立システムズはWindows Azure Platformのデーターベースサービス「SQL Azure」に対する監視サービスを発表した。

「App Bridge Monitor」はクラウドサービスをリモートで監視できるサービスだ

 これは、2011年4月から提供している、パブリッククラウドを含めた遠隔のサーバーをインターネット経由でリモート監視するSaaS型の統合監視サービス「App Bridge Monitor(アップブリッジモニター)」の機能強化に伴う新サービス。

 同社では、主力事業であるクラウドサービスの強化・拡大に向け、セキュリティが確保された環境でパブリッククラウドのメリットを享受できる「Virtual Private Cloud」事業を立ち上げ、サービス体制とメニューの強化を進めているという。

 今回発表のSQL Azureの監視サービスは、障害の検知に加え、データベースの容量監視・応答時間監視も実施する。これにより、Windows Azure上のサーバーとSQL Azureデータベースの稼働状況を一元的に監視することが可能となり、ITリソースの推移も同一基準で確認できるという。

 Windows Azure Platformを利用しているサイトにApp Bridge Monitorを適用することで、Webアプリケーションからデータベースまでの包括的な監視と、リソース使用状況の把握が可能となり、サイトの信頼性を大きく向上できる。また、SQL Azure監視のセットアップサービスも合わせて提供するため、新ビジネスを展開する際にもスピーディーなシステム監視を実現するとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ