このページの本文へ

高価な業務アプリケーションを安価な月額料金で提供

日立情報システムズ、SMB向け業務アプリ提供サービス

2010年08月31日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月30日、日立情報システムズは、中小規模企業(SMB)向けに、高価な業務アプリケーションを安価な月額料金で提供するクラウドサービス「Dougubako」(どうぐばこ)を発表。同日より提供開始した。

「Dougubako」サービスイメージ

 Dougubakoは、業務アプリケーションを、日立情報システムズのデータセンターからネットワークを通じて利用できるクラウド型のサービス。利用可能な業務アプリケーションは、マイクロソフトOfficeや弥生会計、弥生販売などのほか、ユーザーのニーズにより随時追加される予定だ。

 また、利用するアプリケーション間のデータ連携機能も標準装備し、アプリケーションごとのデータの入力をすることなく一貫したデータ管理ができる。さらに作成したデータはデータセンターの「データ金庫」で保管され、利用するPCが故障した場合もデータが消失することはない。

 価格は、使用する業務アプリケーションにより異なるが、経理・事務利用としてOffice2007 Standard Edition、弥生会計10、弥生給与10、データ連携機能、データ金庫機能などを使用するモデルケースで、初期費用が2万1000円、月額利用料金は2万1000円となっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ