このページの本文へ

使えばわかる!IPv6入門第7回

「OCN IPv6接続プログラム」のPCをIPv6トンネルルーターにしよう

OCN IPv6を複数のPCで共有するには?

2011年07月05日 07時00分更新

文● 伊藤玄蕃

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

前回は、NTTコミュニケーションズのOCN IPv6の仕組みと「ホストモード」での使い方を紹介した。続いては、OCN IPv6を「ルータモード」で使う方法を見てみよう。

PCをIPv6ルーターにする

 さっそくだが、「OCN IPv6接続プログラム」の「動作モード」を、「ルータモード」にしてみよう。OCN IPv6の仕組みや申し込み方法、OCN IPv6接続プログラムの入手方法などは、前回を参考にしてほしい。

 それでは、OCN IPv6接続プログラムの「接続」タブの「接続先設定」で、ルータモード用の接続先を新規に作成する。こちらで注意すべきは、ルーターとして動作させる設定だ。すなわち、「接続先のプロパティ」の「動作モード」タブで「ルータモード」を指定し、「RAを送信するインターフェイス」を「ローカルエリア接続」にする(画面1)。

画面1 ルータモードの設定

 こちらの設定でOCN IPv6へ接続してipconfigを実行すると、「Ethernet Adapter ローカルエリア接続 5」が増えている。末尾の数字はPCより異なることがあるが、これがOCN IPv6トンネル接続用の仮想インターフェイスだ(画面2)。

画面2 ルータモードでのipconfigの結果

 前回のホストモードで試した際のipconfigの結果(画面3)と見比べてみよう。ホストモードでは、「Ethernet アダプター OCN IPv6接続」というブロックにのみグローバルIPv6アドレスが割り当てられた。ところが、ルータモードでは「Ethernet アダプター ローカル エリア接続」のブロックにもグローバルIPv6アドレスが割り当てられる。つまり、仮想アダプターだけでなく、LANインターフェイスにもグローバルIPv6アドレスが割り当てられる。そして、LANインターフェイスのリンクローカルIPv6アドレスが、LAN内のほかのPCのデフォルトゲートウェイに設定される。

画面3 ホストモードでのipconfigの結果(再掲載)

 次に、このXP-PCがルーターとして動作していることを確認しよう。同じLAN内にある、別のPCのIPv6をリセットしてipconfigを実行すればよい(画面4)。画面4はWindows XPのPCでの例であるが、デフォルトゲートウェイ(Default Gateway)に、画面2の②のアドレスが自動的に設定されている。そして、こちらのPC(この場合はWindows XPマシン)からも、IPv6でインターネットへアクセスできる。

画面4 LAN内の別のPC(Windows XP)のipconfigの結果

 図1が、このルータモードの仕組みを仕組みである。Windows XPマシン(図1の①)から出たIPv6のパケットは、IPv6のデフォルトゲートウェイであるWindows 7マシン(図1の②)に送られ、このPCの内部で、IPv4ネットワーク上のIPv6トンネルに送り出される。

図1 ルータモードの仕組み

 すなわち、XPマシンから送り出されたIPv6パケットは、OCN IPv6接続プログラムによりIPv4パケットのデータ部に格納され、そのIPv4パケットがNATルーターやIPv4インターネットを経由して、OCN IPv6接続サーバー(図1の③)へ送られる。そのため、PCのLANインターフェイスとOCNのIPv6接続サーバーのサーバーとの間は、IPv4のパケットさえ通ればよい。つまり、この場合でもブロードバンドルーターはIPv6に対応していなくてもかまわない。

 このように、OCN IPv6は廉価で手軽でありながら、さまざまな工夫がこらされ、技術的にも興味深いサービスである。IPv6に興味がある方は試してみてはいかがだろうか。

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ