このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

使えばわかる!IPv6入門第3回

サブネットをつなぐとどうなる?

ルーターでIPv6のLANを接続しよう

2011年06月10日 09時00分更新

文● 伊藤玄蕃

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

IPv6のプラグ&プレイ機構は非常によくできている。前回は、2台のPCで最小規模のIPv6ネットワークを構築したが、今回はルーターを使ってサブネットをつないでみる。本格的なネットワークの構築においても、個々のPCの設定が簡略化されていることを確認しよう。ネットワークの規模が大きくなるほど、IPv6の優位性もまた大きくなるのだ。

2つのサブネットをルーターでつなぐ

 前回は、2台のPCで最小規模のIPv6ネットワークを構築した。この時のIPv6のプラグ&プレイの動作を思い出してみよう。リンクローカルアドレスは、どちらのPCでも自動的に構成できたが、グローバルアドレスでは違った。1台のPCに手動でアドレスを設定し、「ルーター広告(RA:Router Advertisement)」のコマンドを使う必要があった。すなわち、プラグ&プレイのネットワーク構成を利用するには、ネットワーク内にルーター広告を行なうマシンが必要になる。

 ならば、「わざわざPCにルーター広告をさせるよりも、ルーター専用機を使えばいいじゃないか」と思うだろう。まったく、その通りなのだ。普通は、サブネット内にあるルーターがルーター広告を行ない、サブネット内のPCへIPv6アドレスを割り当てる。

 今回は、2台のPCと1台のルーターを使って、図1のようなネットワークを構築する。2つのサブネットをルーターでつなぐ構成だ。中央のルーターは2つのサブネットに対してルーター広告を行ない、両方のサブネット上にあるPCの自動構成を可能にする。

図1 ルーターで2つのサブネットをつなぐ

 使用するルーターは、ヤマハのIPv6対応ルーター「NVR500」だ。(写真1)。この機種は、ブロードバンド対応のWANポート、LANポート(4ポートスイッチ)、アナログ電話ポート、ISDNポートを搭載する。WANポートは、2つ目のLANポートにもなる。そこで図1のネットワークでは、NVR500をIPv6対応ローカルルーター、WANポートをローカルの「サブネット2」接続用のLANポートとして使っている。

写真1 本連載で使用するヤマハのブロードバンドVoIPルーター「NVR500」

ネットワーク設計と配線

 実験用ネットワークということで、今回はIPv4のプライベートアドレスに相当する、ユニークローカルアドレスを使うことにする。もう一度、図1を見てほしい。2つのサブネットのネットワークプレフィックスは、

図1の左
fd00:0:0:1::/64
図1の右
fd00:0:0:2::/64

とする。fd00:0:0:1::/64のサブネットはNVR500のLANポート(LAN1)につなぎ、PC1(Windows 7)が設置される。そして、fd00:0:0:2::/64のサブネットはNVR500のWANポート(LAN2)につなぎ、PC2(Windows XP)を設置する。今回も、1台をWindows 7、もう1台をWindows XPとしているが、Windows Vistaが混じっていたり、あるいは両方がWindows 7でも大丈夫だ。

ルーターの設定

 配線が終わったら、NVR500を設定する。ヤマハのルーターにはWebを利用した「かんたん設定」があり、プロバイダとIPv6で接続するための設定は行なえる。しかし、IPv6対応ローカルルーターとしての設定にWebインターフェイスは対応せず、コマンドラインからの操作だ。こうしたことから、IPv4でNVR500とPC1台が通信できる状態にし、次にそのPCからTelnetを使って設定する必要がある。この手順については、NVR500に附属のマニュアルに説明されているので、詳細はそちらを参照してほしい。

 さて、TelnetクライアントでNVR500へ接続すると、パスワードを要求される(画面1の①)。工場出荷時にはパスワードが設定されていないので、設定した記憶がなければ省略する(Enterキーを押す)。続くプロンプトが「>」になったら、NVR500へログインできている状態だ。

画面1 NVR500にログインする

 ここからIPv6の設定を行なうには、Administratorと入力して管理者モードに移行する(画面1の②)。ここでも管理者パスワードが要求されるので、先ほどと同様にする(画面1の③)。プロンプトが「#」になれば、IPv6の設定コマンドが利用できる。

 画面2が、今回のネットワークを構築するためのIPv6設定コマンドだ。コマンドでポート(インターフェイス)を指定する際に、LANポートは「lan1」、WANポートは「lan2」と指定するので注意してほしい。

画面2 NVR500にIPv6を設定する

 それでは画面2のコマンドを説明しよう。詳細は、NVR500に添付のCD-ROMの中にある、PDF形式のマニュアルを参照してほしい。

① ipv6 routing on
IPv6を使う。これは工場出荷時の状態で設定されているので、変更していなければ不要だ。
②と③ ipv6 インターフェイス名 address ネットワークアドレス/プレフィックス長
インターフェイスにIPv6アドレスを割り当てる。
④と⑤ ipv6 prefix プレフィックス番号 ネットワークプレフィックス/プレフィックス長
ルーターが広告するプレフィックスを定義する。定義しただけでは広告されない。実際にサブネット内に広告するには、次のコマンドを使う。
⑥と⑦ ipv6 インターフェイス rtadv send プレフィックス番号
上の④⑤で定義したプレフィックスを、指定したインターフェイスから広告する。

 ここで入力したコマンドに誤りがなければ、即座に設定が反映される。誤りがあればエラーメッセージが表示されるので、正しく入れ直そう。

ルーターの設定後の作業

 設定が終わったら、確認と保存を行なう(画面3)。

画面3 NVR500のIPv6の設定状態を確認する

show ipv6 address

でルーターのIPv6アドレスが表示される。まずルーターのLAN1の構成状態を見てみよう。①がコマンドで設定したユニークローカルアドレスである。画面上は「グローバル」となっているが、これは気にしなくてよい。②が自動構成されたリンクローカルアドレスで、③以降の「ff02:」ではじまるアドレスは、IPv6で活用する場面の増えたマルチキャストアドレスである。

 LAN2でも、④~⑥が同様に表示される。問題がなければ

save

コマンドで不揮発性メモリに保存する。保存しないとNVR500の電源を切った瞬間に設定内容が消えてしまうので、くれぐれもsaveを忘れないようにしてほしい。

 なお、ルーターのすべての設定内容を確認するには

show config

コマンドを使う。すると、IPv6以外の設定値も含めて、すべての設定内容が表示される。すべての操作が完了したら、

exit

コマンドで終了する。管理者モードから抜け、もう一回exitと入力すれば、NVR500からログアウトだ。

(次ページ、「PCのIPv6を自動構成」に続く)


 

前へ 1 2 次へ

この連載の記事
ピックアップ