このページの本文へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 第41回

「Make Tokyo Meeting 06」お待たせレポート

もうライブで使えるレベル――DIY楽器がますます進化

2010年12月18日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

天国一号/クリプトン・フューチャー・メディア

盛田 次が「初音ミク」を出してるクリプトンさんなんですけど、なぜかボーカロイドとまったく関係ないっていう。「SAPPORO SHORT FEST 2010」って短編映画祭に出された、「クリプトン・ベスト・サウンド賞」のトロフィーだそうです。なぜか拳銃型の。

テーブル上にあるピストル状のものが出展品

四本 おー。去年「センコロール」が賞をもらっていた映画祭ですな。クリプトンも地元企業として参加していると。

盛田 よく知ってますね! で、このトロフィーが楽器なんですけど。銃を二人で持って握手すると、銃を電極に通電し、「ドドドドドッ!」っと轟音が鳴るってものです。作者は元P-MODEL(現プノンペンモデル)のことぶき光さんですね。四本さん、ご存じなんでしたっけ。


四本 高校時代のバンド仲間だったんで。それでぼくも初日に無理やり行くことにしたんですけど。

盛田 2日目には、この作品のプレゼンテーションがあって、元P-MODELの福間さんと軽いセッションがあったんですけど、これがまあすんごい音で。「ドゴギャゴドドギャドゴギャッ!」みたいな。

四本 ……やかましかったんだってねえ。

盛田 ははははは。でもまあ、あの会場じゃ仕方ないですよ。一般の出展者と来場者でごった返した、メイン会場のプレゼンスペースだったわけですしね。

ライブの様子

四本 実は1日目に行って、福間さんが来ているらしいから何かやれば、ってそそのかしたの、僕なんだよね……。

盛田 ははははは。

四本 いや、申し訳ないというか何というか……。普段のMTMはライブイベントが盛りだくさんなんだけど、あとで聞いたら、今回は会場側の都合で音の出せるスペースを借りられなかったらしいんだよね。今回はそこが残念でした。はい。

(次のページに続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン