このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

SUPER GTに痛車が参戦! 初音ミク×GSRポルシェ密着レポート 第42回

来期は小林可夢偉が走る!? GSR忘年会でビッグサプライズ!

2010年12月06日 18時24分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

世界中から注目あびる
有名なあの日本人F1ドライバーが登場!

 なんと、F1ドライバーの小林可夢偉選手と、フォーミュラニッポンで活躍するケイ・コッツォリーノ選手!

うおおおお! ホンモノの小林可夢偉選手だあああーーー! 来年もザウバーに在籍するので、GSRのステアリングを握るのは厳しいか!? でも痛車を走らせる可夢偉選手も見てみたい!

 ミクGTの記事を読んでいる人でこの2人を知らない人は少ないと思うが、念のため説明しておくと、可夢偉選手は今年、F1チーム・ザウバーのドライバーとして大活躍し、特に鈴鹿GPでは果敢なオーバーテイクにサーキット中が沸いたことは記憶に新しい。

 ケイ選手はイタリア人とのハーフで、カートからF3を経て、今年からフォーミュラニッポンに挑戦したイケメンドライバーだ。ちなみに、以前ASCII.jpに来たこともあるが(関連記事)、たぶん本人は忘れているだろう。

可夢偉選手の隣の超絶イケメンがケイ・コッツォリーノ選手。2人はフットサル仲間なんだとか。この日は「これから一緒にフットサルするんですヨ」と、颯爽と去っていった

特別に可夢偉選手のじゃんけん大会も! 小林可夢偉オリジナルグッズがプレゼントされた。これは宝物だ!

 グッドスマイルカンパニーが可夢偉選手のパーソナルスポンサーになったことは報道されていたが、まさかこの場に来てくれるなんて! 参加者たちは思わぬ大物ゲストの登場に一気にヒートアップ。男だらけのパーティー会場の温度が、一気に5度くらい上がっただろう。可夢偉選手とケイ選手の挨拶があり、トークを挟んで2人は一旦退場した。

 興奮のゲストのあとは、これまた興奮のじゃんけん大会。もてぎの応援シートで開催され好評だった、あつこちゃんのじゃんけん大会が、会場を六本木に移して開かれた。プレゼントもパワーアップしており、GSRのミニカーセットやレーシングミクのねんどろいどなどがゲットできた。ASCII.jpからもささやかだが缶バッヂを提供し、あつこちゃんに代わり、筆者もじゃんけんをやらせてもらった。何回も立ったり座ったりさせてすいません。でも、このスクワットで足腰鍛えられたはず!(キリッ

ここからは、あつこサンタのじゃんけん大会。景品には幻となった富士戦のポスター(サイン入り)も!

会場のテーブルにはファンがもってきたねんどろいどが展示

こちらはピットストップカフェ店内のショーケースに展示されていた、レーシングミクの関連グッズ。F1グッズの隣にミクちゃんが陳列されるというシュールな状況(笑)

 イベントも佳境に入り、生放送でフォトコンテストの結果が発表……の前に、再び可夢偉選手が登場! 台本にもなかったので、当日会場にいた人、そして生放送を見ていた人はラッキーだ。可夢偉タイフーンが去ったあとは、台本通りフォトコンテストの発表。それぞれ審査員の感想と共に、受賞者のカッコイイ写真たちが紹介されていった。

生放送には可夢偉選手が再登場! 最初、お客さんのほうに混じるというボケも見せ、ニコニコ動画のコメント数も一気に増えた

来年のF1 日本GPの可夢偉応援シートは、今年の倍を用意するとのことなので、GSRファミリーの一員となった可夢偉選手を応援しに行こう!

 フォトコンテスト終了後は、またまたサプライズ! これ以上驚かされると死んじゃう! ってくらい、サプライズの連発だ。

 なんと、来期の体制を発表したのである。GSRは初心に戻ってStudieと共に、2011年のSUPER GTにフル参戦するというのである! ちなみに、COXは別のチームでポルシェを走らせるため、来年は独自にチームを編成する。車両は何になるかまったくの未定だが、BMWなのは間違いない。ファンとしてはミクZ4が復活してほしいところだが……。もしや初セパンも!? などなど、いろいろと期待は膨らむが、続報を待とう。

 ミクGTを初年度から応援しているASCII.jpは、もちろん来年も密着するぞ! 応援シートだってやっちゃうヨ(予定)!

 来年もSUPER GTとGSR(とASCII.jp)から目が離せない!

まさかのStudieとの再タッグに鈴木SD、いや鈴木代表も目頭が熱くなる! 来年も楽しいシーズンになりそうだ

最後は参加者全員で記念撮影。来年もサーキットで会いましょう!

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ