このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

SUPER GTに痛車が参戦! 初音ミク×GSRポルシェ密着レポート第43回

GSR走行会が富士スピードウェイで開催!

2011年01月18日 18時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プロドライバーも参加して
大いに盛り上がったGSR走行会

 昨年8月に初開催された「グッドスマイルレーシング走行会」。その第2回が1月15日、富士スピードウェイにて開催された。

 個人スポンサーを中心に集まった参加者たちは、マイカーで走行する組、番場選手らプロドライバーが運転するデモカーの横に乗る同乗組、バスでサーキットを2周するバス組に別れて、それぞれのプログラムを楽しんだ。

 まずは全員参加となるブリーフィングからスタート。本日の講師は番場選手、佐々木選手に加えて、菊地選手とStudie所属の関選手の4人だ。番場選手からFSWのポイントをいくつか説明されたあと、佐々木選手や菊池選手たちからも注意事項などの解説があった。ブリーフィングが終わると、いよいよ待望の走行会開始だ。

サーキットの朝は早い。この日の受付は10時からだったが、8時くらいにはもう到着している人もいた番場選手直筆のFSW攻略法! この通り走れば間違いない!?
左から番場選手、佐々木選手、菊地選手、関選手ピットイン、アウトの流れやコース内でのお約束などを解説
冗談を交えながら、プロドライバー4人によるFSW攻略法説明会。彼らが文字通り命を削って得たノウハウを、われわれに伝授してくれるのだ

 今回は特別にGTドライバーの澤 圭太選手もバスの運転手として協力し、スポーツ走行前のバスツアーでは車内アナウンスまで務めた。バスはFSWの走行ライン通りに走り、時には縁石に乗ってみせ、参加者はその振動に驚いていた。アナウンスもジョークを交えた軽快なトークで(「ここが番場選手がスピンしたコーナーです」など)、参加者たちを楽しませた。

このバスに乗ってFSWを走る。車内は男だらけ(笑)。周囲に走っているクルマはないが、サーキットサファリのようだ
あつこちゃんや安藝社長も乗り込んで、バスは出発。こんな高い視点でサーキットを体験するなんて、滅多にない機会だ
アジアのレースやSUPER GTでも活躍中の澤選手。グッドスマイルレーシングと、澤選手主催のワンデイスマイルの笑顔同士がコラボ!

 バスがコースアウトしたら、マイカーによるスポーツ走行の時間だ。マイカー走行は1時間の休憩を挟んで30分×2本を走った。気温も路面温度も低いためタイヤが暖まりにくく、コースアウトやスピンが多少あったものの、接触やクラッシュなどはなかった。初めてFSWを走行する人をはじめ、車種も運転歴もバラバラながら、このように大きな事故もなく、全員が笑顔で走行会を終えることができたのは喜ばしいことだ。

 スポーツ走行の時間内で、プロドライバーによる同乗走行も行なわれた。Studieのデモカーの横に乗ったり、マイカーをプロに運転してもらったりして、皆一様に、「プロのテクニック」に衝撃を受け、賞賛していた。ありえない速度でコーナーにアプローチしたり、派手にドリフトさせてクルマを制御したりと、それらの技術を間近(助手席)で見られるなんて機会はそうそうない。未経験者は機会があったら、ぜひ体験してほしい。

同乗走行中。プロのテクを真横で見られるのだが、最初はクルマにしがみついているのが精一杯で、そんな余裕はないだろう(笑)
ちょっと頑張りすぎちゃって、コース外に走っていったり、くるりと回ってしまったり……。しかし、こういう経験が運転技術向上に役立つのだ。番場選手も佐々木選手も「スピンは攻めている証拠」と、いつか言っていたし
お昼御飯はケータリングサービスが用意されていた久々に菊地選手の走りを見た人も多かったんじゃないかな?

 こうしてGSR走行会はクルマもドライバーもトラブルなく、すべてのプログラムが無事に終了した。次回の開催は未定だが、今期のSUPER GTへの参戦発表が2月6日のワンフェス会場で行なわれるという。何も予定がないなら、いや、ほかの予定はキャンセルしてでも参戦発表に駆けつけよう! きっとビッグサプライズがあるはずだ!

安藝社長が乗ってきたストラトス。70年代のラリーを席捲した実力と、マルチェロ・ガンディーニがデザインしたボディはまさに走る芸術品!自らがドライブしていたミクZ4のラジコンを見て、思わず写真を撮影する菊地選手。さらに、その姿を佐々木選手が撮影していた
YMG1がリリースしている「ミクポルシェ フルラッピング」を施したランエボ9。本家のミクポルシェがデザイン変更したのを受けて、こちらも変更するという徹底ぶり! この写真は去年の夏に撮影させてもらった前期デザイン
こちらは今回FSWで撮影した後期デザイン。今年のデザインも決まったらまた、レプリカにするのかな?

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ