このページの本文へ

怒濤の120枚写真でライブを振り返ろう

ロックに完全燃焼! ニコニコ大会議2010秋レポート【後編】

2010年11月06日 12時00分更新

文● 広田稔(@kawauso3

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

6.魂のルフラン

 6曲目は「新世紀エヴァンゲリオン 劇場版」の主題歌として知られる「魂のルフラン」だ。ハイテンポなメタルアレンジで生まれ変わった同曲を歌うのは、サリヤ人さん、プリコさん、Φ串Φさん、弟の姉さんという4人の女性歌い手と、赤飯さん。

冒頭、サリヤ人さんがピアノに合わせて「私に還りなさい〜」と歌い始めると歓声が上がる。中央スクリーンやネット中継では、サビの部分で「魂のルフラアアアアアアン」というコメントのエフェクトが表示された

赤飯さん

Φ串Φさん

サリヤ人さん

プリコさん

弟の姉さん

 バックバンドも「古参バンド」に入れ替わっている。名前の通り、古くから「演奏してみた」やボーカロイド曲を投稿してきたメンバーで、この大会議限定で結成された。メンバーは、ギターが「prkr」さんと「中西」さん、ベースが「パピヨン誠」さん、ドラムが「ショッカーあうと」さん、キーボードが「デッドボールP」さんという大所帯だ。

prkrさん。今年2月の大会議に続き参加

緑ジャージが印象的な中西さん

蝶の仮面が印象的なパピヨン誠さん

メタル系の速打ちドラムで知られるショッカーあうとさん

愛の危険球を投げ続けるボーカロイドP、デッドボールPさん




7.炉心融解

 7曲目は、女性の歌い手、弟の姉さんによる「炉心融解」だ。同曲は「歌ってみた」の投稿も多い、ニコ厨(ニコ動ファン)にはおなじみのボーカロイド曲。作詞はkumaさん、作曲はirohaさんが担当する。

 弟の姉さんは、アニメソングやボーカロイド曲を多数投稿している人物。特に替え歌における、その類まれな言語センスは見逃せないところ。最近では弾き語りやオリジナル曲「テクノブレイク」でも人気を集めていた。

今回は黒髪が映える和服で登場。裏声も多用して「炉心融解」を歌い上げていた

古参バンドも楽しそうに演奏。まさに「ニコニコ」大会議だ




8.Just a game

 ライブも中盤にさしかかると、冒頭の熱く盛り上がる曲から徐々にじっくり聴けるものに変わっていく。8番目はtakamattさんによるダンスホールナンバー「Just a game」を男性の歌い手、neroさんが歌い上げた。

 neroさんは高音の美しさに定評がある。ニコ動に登場したのは2010年1月と比較的最近だ。デビュー曲の「カンタレラ」によれば、今夏の大会議にも参加した男性の歌い手「clear」さんとは幼なじみとのこと。

「ねろやか」とも呼ばれるまったりとした美声を惜しみなく披露するneroさん




9.letter song

 ここからバラードパートに突入する。しっとりとしたピアノの音色が流れ出してライトが上がると、サリヤ人さん、prkrさん、「まらしぃ」さんの3人が現れる。歌はdorikoさんが作ったボーカロイド曲「letter song」だ。

 サリヤ人さんは、ニコ動当初から投稿してきた古参の歌い手だ。初めて発売されたニコ動発のCDにも参加しており、今年2月の大会議でも舞台に立って美声を披露した。彼女の動画の「ニコニコ市場」(アフィリエイトリンク)に貼られたマイクがバカ売れしたため「マイク売りのOL」の別名も持っている。

安定した歌唱力と澄んだ歌声が魅力のサリヤ人さん。ピアノ+ギターというシンプルな構成が彼女を引き立てる

まらしぃさんは「演奏してみた」で活躍するピアノ奏者。東方やボーカロイド曲などを中心に弾いているほか、積極的にニコ生も放送している

雪が降るような舞台エフェクトが美しい。より歌声に引き込まれる



(次のページに続く)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン