このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

怒濤の120枚写真でライブを振り返ろう

ロックに完全燃焼! ニコニコ大会議2010秋レポート【後編】

2010年11月06日 12時00分更新

文● 広田稔(@kawauso3

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ニコニコ大会議といえば、恒例のライブパート! 今回も会場とネットを合わせて約1万1000人が大いに盛り上がった!
会場は渋谷AX! 雨にも関わらず開場前から数百人が開場周辺で待つ。お客さんの7~8割は女性だった

 前編に引き続き、渋谷AXで開かれたニコニコ動画の関連イベント「ニコニコ大会議2010秋 〜それはロックか?〜」をレポートしていこう。

 イベントの後半はライブパートだ。ニコ動の「歌ってみた」や「演奏してみた」で活躍するユーザーが多数登場し、ロックをテーマに、約2時間にわたって全18曲を熱唱。会場となった渋谷AXは、1階席がオールスタンディングのためお客が自由に動ける。舞台の呼びかけに大声を張り上げたり、体を大きく揺らしたり、ケミカルライトを激しく振り回したりと、1450人が熱狂していた。

 ライブの様子は「ニコニコ生放送」でも中継。このライブパートは有料(1500円)にも関わらず9542人が購入し、思い思いのコメントを流して楽しんでいた。またネット中継では、リアルタイムの映像の上に曲のイメージにあったCGを重ねて表示する試みも実施した。

物販ではパンフレットやストラップ、ケミカルライト、コンドームなどを売っていた会場前ではニコニコ生放送で有名な「百花繚乱」さんが生中継をしていた。雨なのにすごい根性!



1.ニコニコ動画流星群(大会議ver)

 ライブパートのトップは「ニコニコ動画流星群(大会議ver)」。ユーザーの「しも」さんによって2008年4月に投稿された、ニコニコ動画内での人気曲をつないだメドレーだ。

 最初の曲だというのに、今回出演する歌い手をほぼ全員投入。男性では「ぽこた」さん、「Gero」さん、「ゴム」さん、「赤飯」さん、「鋼兵」さん、「リモーネ先生」さん、「nero」さん、「軟鉄兄弟」が登場。女性では「サリヤ人」さん、「Φ串Φ」さん、「プリコ」さん、「弟の姉」さんが参加していた。

曲が切り替わるごとに歌い手も交代し、それぞれの持ち味を生かした歌い方で観客を引きつける。開場では歓声と拳、そしてケミカルライトが乱舞して、「最初からクライマックス」のような盛り上がを見せていた
赤飯さんのうしろで「うp主」Tシャツを着てるのがしもさん。しもさんは「組曲『ニコニコ動画』」や「七色のニコニコ動画」など、100万再生を超えるメドレーの作り手として知られる投稿者だ
ぽこたさんゴムさんΦ串Φさん
neroさん鋼兵さん軟鉄兄弟。左の青い服がやまだんさん、右が湯毛さん
「ウッーウッーウマウマ(゜∀゜)」や「男女男男女男女」などの振り付けも完璧!
歌う順番じゃないときは、ほかの出演者を盛り上げまくる!


(次のページに続く)

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン