このページの本文へ

怒濤の120枚写真でライブを振り返ろう

ロックに完全燃焼! ニコニコ大会議2010秋レポート【後編】

2010年11月06日 12時00分更新

文● 広田稔(@kawauso3

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2.メグメグ☆ファイアーエンドレスナイト

 1曲目のテンションが途切れぬまま、鋼兵さんが歌う「メグメグ☆ファイアーエンドレスナイト」に突入。ユーロビート調で聴きやすい同曲を手掛けるのは、samfreeさんだ。

 ニコ動で一番熱い歌い手といえば、鋼兵さんをおいて他ならない。ビジュアル系ボーカルを彷彿とさせるような高音やシャウトで、例えバラードでも「沸騰」させてしまう。今年2月にも、JCBホールのニコニコ大会議でやまだんさんと共演し、会場を沸かせていた(関連記事)。

「もっと熱くなれよーーーー!!」と修造のようなシャウトを連発。会場の室温が5度くらいは跳ね上がっていた気がする

冒頭、鋼兵さんが「そんな装備で大丈夫かーーーー!?」とニコ動で大流行中のエルシャダイネタで問いかけると、会場は「大丈夫だ、問題ない」と返していた。お客もよく訓練されている

 バックを固めるのは、「演奏してみた」出身のメンバーで結成された「王族BAND」。当初は、ギター「海賊王」、ベース「ティッシュ姫」、ドラムス「王子」の3人からなるバンドだったが、2010年6月に王子が脱退し、現在は2人となっている。

海賊王

ティッシュ姫

ドラムスにはサポートとして早川誠一郎さんが登場




3.トウキョウト・ロック・シティ

 3曲目は、男性の歌い手、Geroさんによるジャズロック「トウキョウト・ロック・シティ」。原曲はボーカロイド曲で、作曲は「えこまる」さんが、作詞は「はいのことん」さんが手掛けた。

 大会議に先がけたインタビューでも触れたように、Geroさんは今年に入って数多くのライブをこなしているが、大会議は今回が初参加。ネットでの顔出しも初めてだ。

Geroさんが登場すると「キャーーー!」という悲鳴があちこちから上がる。冒頭、ちょっとしたセクシーポーズ(?)でおどけてみせたりと余裕たっぷり

力強い歌声や熱いシャウト、高音や太く伸びのあるビブラートに定評がある

Geroさんはその名前からニコ動で「嘔吐物」とも呼ばれている。その名前とは裏腹に、ライブではたっぷりの美声を披露していた




4.二息歩行

 4番目は、ボーカロイド曲「二息歩行」を女性の歌い手、Φ串Φ(くし)さんが歌う。同曲はいまだに「モザイクロール」のヒットが続く「DECO*27」さんが手掛けた。Φ串Φさんは、昨年の大会議ツアーで高知会場で美声を披露していた。

ファルセットやウィスパーボイスを駆使したさわやかな歌声が特徴のΦ串Φさん。高知会場とはがらっとイメージを変えて、チェックのスカートに革ジャンという衣装で登場していた




5.骸Attack

 お次は男性の歌い手、赤飯さんの出番だ。「鬱P」が手掛けた、デスメタルという異色のボーカロイド曲「骸Attack」を熱唱する。

 赤飯さんは、熱い歌声や女声、デス声などさまざまな声を使い分けることから、「多声類」や「七色の声」とユーザーから評されている歌い手だ。過去の大会議ツアーにも2度出演。名古屋会場では、男性ながらメイド服を身に付け(しかも不思議と似合う!)、デスボイスを交えながら「撲殺天使ドクロちゃん」を歌いあげて観衆の度肝を抜いていた。

「ドーイ!」と叫ぶデスボイスは健在。めちゃめちゃロックやないか!

原曲で参加しているスカルマスクのギタリスト「zim」さんも登場。ギターの熱さもさることながら、見た目が曲にぴったり



(次のページに続く)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン