このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

ニコニコバンバンカップ参戦記!

番場選手主催のカート大会で燃え尽きた!

2010年06月09日 20時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

バナナと亀の甲羅は持ったか!?
レンタルカートで大爆走!

 先日、GSRの生放送でも告知されていた、番場選手主催のカート大会「ニコニコバンバンカップ」。予告通り、ASCII.jpも参加してきたので、当日の様子をレポートしよう。レンタルカートについてはこちらの記事で詳しく解説しているので、そちらも併せて読んでほしい。

 ちなみに、アスキー・メディアワークス社内にて、自動車部が立ち上がりつつあり(現在承認待ち)、その活動の一環として参加した。なお、チーム名は「ARTA」(AMW Racing Team Akiba)だ。どっかで聞いたような名前だけど気にしない。出場ドライバーは筆者、ミクポルシェ応援シート担当の佐久間、都庁前iPhoneクラブのニッシー、社外特別メンバーとしてミクコルベットオーナーの岡田氏を迎え、会場となるオートパラダイス御殿場へ向かった。

 出るからには優勝! と意気込んでいたが、困ったことにこのメンバーは筆者以外カート経験なし。佐久間はほぼペーパードライバー、ニッシーに至っては自動車免許すら持っていないのである。故郷の香川県でどうやってうどんを食いに行っていたのだろうか。岡田氏はカート未経験だが、クルマをしょっちゅう運転しているので期待できる。まあ、そういう筆者もカートの経験は4~5回しかないんだけど。

ここがオートパラダイス御殿場だ。東名の御殿場インターを降りて138号線を北上していくと見えてくる。コースは約1kmほどと結構長くて広い

 会場に到着すると、すでに多くの参加者が到着していた。番場選手によると、今回の参加者は過去最大で、25チーム、94人が参戦したのである。朝のブリーフィングではコースに人が溢れていた。なお、ARTA以外には、グッドスマイルレーシングから2チーム、マックスファクトリーチーム、ミクポルシェの個人スポンサー超漢コースに申し込んだ猛者が集まった「爆走超漢組」も参加していた。

朝のブリーフィング。番場選手もこんなに集まるとは思っておらず、感動したとか。ちなみに黒いレーシングスーツを来ているのは番場選手の実弟でラリーストの番場彬選手。先日のラリー北海道で優勝したばかり
今回、唯一のオレンジボールを出されたのが我がARTAという……。佐久間がヘルメットのアゴヒモを閉め忘れたのが原因だ左から岡田氏、ニッシー(素顔)、鼻毛を抜いている佐久間

 この手のイベントでは心配になる天候も、開始当初は晴れており、気温も高くなかったので、非常に快適にカートを楽しめると誰しもが思っていた。午後、恐ろしいことになるとは、まだこのときは知るよしもなかったのだが。

事実上の活動休止に追い込まれている都庁前iPhoneクラブから出張してきたニッシー。すでにiPhoneをまったく使っておらず、撮影のためにケースから出したほど。ボスのカリーさんは「クルマに酔うから」という理由で欠場。だらしねえナ!

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ