このページの本文へ

6月1日よりIaaSとPaaSを開始

KVH、専用サーバー方式のクラウドサービス提供へ

2010年05月06日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月30日、KVHは、専用サーバー方式を採用する企業向けクラウドサービスを6月1日より開始すると発表した。

「KVH IaaS」の構成図

 提供される企業向けクラウドサービスは、コンピューティング・リソースを必要量に応じて提供する「KVH IaaS」(Infrastructure as a Service)と、業務アプリケーションのプラットフォーム環境を提供する「KVH PaaS」(Platform as a Service)の2つ。

 「KVH IaaS」は、同社のデータセンター、ファイバーネットワークを基盤に構築されたコンピューティングリソースを、必要量に応じて提供。ネットワーク接続設備は、香港、シンガポールに保有し、今後金融センターを中心に拡大予定とのこと。すべてのサービスは、SLA(Service Level Agreement)により可用性、性能、障害対応を保証し、24時間365日の日英バイリンガル・サービスデスクによりサポートされる。

 多くのクラウドサービスが仮想サーバーを使う中、専用サーバーを提供するのが特徴の1つ。価格は「KVH IaaS」専用サーバー1台で月額3万9000円から(初期費用無料)。

「KVH PaaS」のサービスメニュー

 「KVH PaaS」では、ビジネスインフラストラクチャツールを提供する。第一弾として「ユニファイド・コミュニケーション」を提供し、年内に「ドキュメント・マネジメント」、「デスクトップ・マネジメント」「ワークフロー・マネジメント」などのサービスを追加予定とのこと。同社では「KVH IaaS」との組み合わせにより、包括的なITインフラソリューションを実現するとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ