このページの本文へ

従来比22%の省スペースのワークステーション

NEC、省スペース化を実現したWS「Express5800/53La」

2010年04月14日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月13日、NECはワークステーション「SEGUENTE(セグエンテ)Express5800/50シリーズ」において、本体サイズの省スペース化を実現したスリムタワー「Express5800/53La」を発表した。

スリムタワーワークステーション「Express5800/53La」

 「Express5800/53La」は、先に登場した「Express5800/53Xf」に比べ、本体サイズが幅93×奥行き387×高さ387mmと22%コンパクトになったスリムタワーワークステーション。

 ラインナップは、メモリコントローラをCPUコア内に内蔵する「Core i5 660(3.33GHz)」と、「Pentium G6950(2.80GHz)」を搭載する2モデル。また、組み込み機器向けOSであるWindows Embedded OS(Windows XP/7 Professional for Embedded Systems)搭載モデルも用意される(5月下旬出荷開始予定)。さらに、従来1年から1年半としてきた出荷期間を3年間に延長し、2013年3月までの長期供給を保証するとしている。その他の仕様は以下の通り。

新製品の構成と価格
製品名構成希望小売価格出荷時期
Express5800/53LaCore i5 660(3.33GHz)、4GBメモリ、1TB HDD、DVDスーパーマルチドライブ、Quadro NVS290、Windows7 Professional33万6500円4月20日
Pentium G6950(2.80GHz)、2GBメモリ、160GB HDD、DVD-ROM、オンボードVGA、Windows7 Professional19万500円

 同社では、本製品はスーパーや外食など多店舗展開を行なう店舗端末や、娯楽施設における大型ゲーム機への組み込み装置における、省スペース化へのニーズに対応したモデルだとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ