このページの本文へ

省スペースモデルなどワークステーション3製品が発売

NEC、Core i5 670搭載SEGUENTE Express5800/50

2010年01月20日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1月19日、NECはワークステーション「SEGUENTE(セグエンテ)Express5800/50シリーズ」において、インテルの最新CPUを搭載し、Windows 7 Professionalをプリンストールする新製品3モデルを発表した。

水冷ユニット搭載の「Express5800/54Cd」

 「Express5800/54Cd」は、PCI ExpressやメモリコントローラをCPUコア内に内蔵する「Core i5 670(3.46GHz)」を搭載する静音モデル。高性能ながら発熱量の多い3次元CAD向けのCPUやビデオカードを搭載しながら、冷却機構に水冷ユニットを採用することで、動作時35dB以下の静音性を実現する。

Xeon X3470搭載のミッドレンジモデル「Express5800/54Xg

 「Express5800/54Xg」は、「Xeon X3470(2.93GHz)」搭載のミッドレンジモデル。CPUは8MBの共有3次キャッシュを内蔵しており、処理負荷の高いビデオ編集などの作業を快適に行なう高度なマルチタスクが実現可能となっている。ビデオカードには、3Dグラフィックス性能の高い「nVIDIA Quadro FX 4800」、「nVIDIA Quadro FX 3800」を搭載可能であり、高い処理能力が要求される3D CAD/CG等の用途にも最適という。

 「Express5800/53Xf」は、136(W)×376(D)×335(H)mmの小型筐体に「Xeon X3470(2.93GHz)」を搭載する省スペース型ワークステーション。最大16GBのメモリ搭載や、オンボードRAIDと内蔵HDD×2の組み合わせによるミラーリング構成を可能とするなど、省スペース筐体ながら優れた拡張性・信頼性を有している。

小型筐体を採用する「Express5800/53Xf」
新製品の構成と価格
製品名構成希望小売価格出荷時期
Express5800/54CdCore i5 670(3.46GHz)、4GBメモリ、250GBHDD、DVDスーパーマルチドライブ、Quadro FX3800、Windows7 Professional54万8000円1月27日
Core i3 540(3.06GHz)、2GBメモリ、160GBHDD、DVD-ROM、オンボードGA、Windows7 Professional24万6千円
Express5800/54XgXeon X3470(2.93GHz)、4GBメモリ、300GBHDD(SAS)、DVDスーパーマルチドライブ、Quadro FX4800、Windows7 Professional82万7000円1月27日
Core i3 540(3.06GHz)、2GBメモリ、160GBHDD(SATA)、DVD-ROM、Quadro FX 580、Windows7 Professional24万8千円
Express5800/53XfXeon X3470(2.93GHz)、4GBメモリ、500GBHDD、DVDスーパーマルチドライブ、Quadro FX1800、Windows7 Professional48万8000円1月27日
Core i3 540(3.06GHz)、2GBメモリ、160GBHDD、DVD-ROM、オンボードGA、Windows7 Professional20万7千円

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ