このページの本文へ

eVGA「H55V」

eVGAから「H55」採用のシンプルなmicroマザー「H55V」発売

2010年03月18日 22時20分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 eVGAからチップセットに「H55」を採用するLGA 1156対応マザーボード「H55V」(型番:111-CD-E630-TR)が発売された。micro ATXフォームファクタの製品だ。

「H55V」 eVGAからチップセットに「H55」を採用するLGA 1156対応マザーボード「H55V」(型番:111-CD-E630-TR)が発売

 比較的ハイエンドな作りの印象が強いeVGA製のマザーだが、発売された「H55V」は標準的な「H55」マザーといったところ。主なスペックは拡張スロットがPCI Express(2.0) x16×1、PCI Express x4×1、PCI Express x1×1、PCI×1、メモリはDDR3 DIMM×4(DDR3-1066/1333、16GBまで)という構成。
 オンボードインターフェイスにギガビットイーサネットや8chサウンド、Serial ATA II×6、eSATA×1などを搭載。I/O部には「Clarkdale」コア搭載CPU使用時に利用可能なHDMI/DVI-D/VGAを備えている。価格はアークで1万1700円だ。

「H55V」
「H55」マザーとは標準的な作り。micro ATXフォームファクタでCrossFire-Xなどはサポートしない

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中